fc2ブログ

記事一覧

2023秋東北⑭ アントニオ猪木家の墓地に遭遇しました、十和田。

10月13日(金) 道の駅かづの 晴れ

この日の朝は6℃、9時前になってもまだ気温が上がらずさすがに東北っす。

真っ直ぐ北上し十和田湖を目指します。
これは発荷峠第一展望休憩所からの眺めっす♪
23108060.jpg
すご〜くいい天気♥
ここの駐車場も賑わっていて、満員の観光バスが2台もいてる。
ライバル多し!急がねば(笑)

十和田湖 御前ヶ浜
10時前に着いて目的の乙女像からは最も遠い駐車場にいれちゃった( ノД`)
23108064.jpg
まあ、ウォーキングと思って…

やはりこの日は観光客で賑わっておりましたあ。
23108067.jpg

まあねえ、こんなに天気がいいんだもの♪
23108076.jpg

ところがこの日の僕って
寒かったためか、飲んだコンビニコーヒーの所為なのか…
膀胱のターボにスイッチが入ったようで( ;ᯅ; )

もともとトイレは近いのだけどこの日は過活動の症状そのもの。
下手したら10分くらいでお花畑に呼ばれてしまい
とても観光に集中できないw

とはいえ「乙女」さんとのショットは執念でw
23108089.jpg
この大地に根ざしたかのごとき重厚さはさすがなのですけど
個人的にはこの宇奈月駅前の少女像の可愛さが捨てがたいっす(〃ノ∇ノ)
23107402-1.jpg

まあ、当方の好みなんざどうでもいいんですが
さあ大好きな奥入瀬です。
こちらも満員御礼の如き人人人、車の通行量も多い。
奥入瀬渓流

とても車をちょっと停車してパシャっとはいきませぬ。
(もともと駐禁です)
出来るだけ迷惑にならないよう広場にちょこっと、3枚だけ

水の流れと
23108115.jpg
倒木と
23108123.jpg
苔。
23108137.jpg
奥入瀬の3要素って言われていたような。
昨春は撮り抜かっていたスローシャッターを試してみました。

今回は元々長居する気はなかったし紅葉もないし昼食へ
23108149.jpg
渓流の駅おいらせ
いつもお世話になっている土産物とレストランの施設です。

バラ焼定食1500円也。
23108153.jpg
ガッツリいきたい気分だったんで。
昨年食べた十和田市内の有名店のと比べると
美味しいんだけど上品でB級グルメ感が味わえないなあ、なんて(笑)

そしてお土産は、このネット販売の時代ですから
ここでしか買えないものを優先しちゃいますよねえ♪
23108157.jpg
ポリフェノール豊富な「柿酢」で〜す♥

23108158.jpg
こんなのもありましたよ(‐_☆)

さて、本日のメインイベントは
コレ↓

23108161.jpg
高知の先輩大町桂月の墓前に供えてあげようと地酒を持参しましたあ♪
桂月の碑は全国にあるけど十和田湖を全国に知らしめた所以でこちらでは別格の扱いですもんね。
最後は蔦温泉に戸籍まで移していますし。

ちなみに生涯に2度もアルコール中毒になったような大酒呑みですから
持参したのは吟醸とかじゃなく普通酒です。(ケチったわけじゃありませんw)

まずは蔦温泉で身を清めまして
23108163.jpg

23108166.jpg

23108168.jpg
入ったのは木製の床底から源泉が湧き出る、明るい方です。
ちょっと僕には熱い湯、800円也。
img_kyuan1.jpg
この写真は蔦温泉さんよりお借りしました<(_ _)>

では、道路一本隔てた先にある大町桂月の墓地へと

アレレレ(゚ペ)?
なんか違う…

23108221.jpg

アントニオ猪木家が並列してる|)゚0゚(|
しかも桂月のと比べて真新しく見えない色合いに作ってはる。

23108190.jpg
のっけに驚かされたけど、無事にミッション成功♪
どうぞお酒に浸ってくだされ(^_-)-☆
23108186.jpg

猪木家の墓地は桂月の真横(左側)にあり
まだ作業している方がいらっしゃったんで邪魔しないように退散。
お風呂で一緒した地元の方に聞くと
先に亡くなった奥さんの出身が青森で夫婦揃って蔦温泉に来ていたとか云々でした。

この日の宿泊は、当初は道の駅奥入瀬にするべく宿泊準備まで終えていたんだけど
トイレまで階段を上がって約百mしかもシャワーじゃない、というのがどうも気に病まれ。

で、十和田市内まで足を伸ばし十和田温泉の電気風呂で筋肉を弛緩させ
23108204.jpg

道の駅ろくのへでお世話になりました。
23108211.jpg
小さな駅で古民家が併設されてる。
ここのトイレ施設も貧弱で特に夜間は室内に入るまで真っ暗で女性は怖いかと。
泊仲間はトラックが5台くらい。

この日の走行距離:110km
2日続けて短距離のためポタ電の充電がヤバいっす。
翌日は走らねば┗(`O´)┛


うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。
さすがは高知の有名人、いや失礼・・・
文学界に名前の知れれた方だから、お酒の方にもその名が冠された銘柄があるのに驚きです。
ともに、高知の酒豪仲間として良い功徳を施されましたね。(笑)
アントニオ猪木というと、すぐにブラジルと連想してしまうので青森がルーツだというのにも驚きでしたよ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

おやじさん こんばんわです。

酒蔵の社長が桂月のファンで命名したようですよ。
名前の通り舌触りが優しくてなんぼでも飲める銘酒でした。
でも社長が替わって味も変わったような気がします。
あそこは私有地で(きっと蔦温泉の)アントニオ猪木は
嫁さんの故郷でもあるんでかなり頼み込んだって聞きました。

Re: 風につれなき物語

kusayatoba3さん  こんばんわです。

見させていただきました。
まあ、デニーさんはそりゃ疲れるでしょうねえ。
沖縄をいかに中国に高く売りつけるか、頭の中はフル回転でしょうから。

No title

ちょうど、倍賞美津子さんの記事を読んだところでしたが、猪木さんは4回も結婚されていたのですね!
「当店限定」、私もこの言葉に弱いです(^◇^;)
希少価値があると、やはり買いたくなりますね。

Re: No title

utokyo318 さん  こんばんわです。

ですよねえ。
倍賞美津子さんが有名ですけどその後も再婚されていたんですねえ。
いまやネットで取り寄せられない物って殆どないから
ここしかないってものにはついつい手が出てしまいますw

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
車中泊も8年目を迎えますが、まだまだ旅への欲望は尽きませんで♡敬愛する小原庄助さんには朝寝と朝酒では負けても朝湯と晩酒なら勝つ!つもりで今年も各地を巡ろうかと┗(`O´)┛ そして人と施設には気兼ねの心を忘れず、迷惑を掛けない旅人でありたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村