fc2ブログ

記事一覧

2023秋東北⑮ “日本三秘湯”谷地温泉〜八甲田山、鶴の舞橋

10/14(土) 道の駅ろくのへ 晴れ

青森市内へ向けスタートです。
ということはあの山並みに向かって走れ!ってことでござんす。
23108216_2023112317223242c.jpg

まずは昨日走ってきた道を戻って奥入瀬川、蔦温泉前を通り過ぎ
国道103号線の八甲田山ルートです。
23108218_20231123172232cb0.jpg

蔦温泉前からたったの7kmで八甲田山の登山口、谷池温泉への分岐に到着。
23108223_20231123172229dc1.jpg
日本三秘湯 谷池温泉
日本三秘湯などと恐ろしげな冠が付いているから
ここからどれほども奥に入り込むのだろうって
真剣に心配していたけど、ほんの400mくらいでホッとしました。
ちなみに他の三秘湯は乳頭・鶴の湯温泉と徳島・祖谷温泉らしいっす。

もう既にここは秋真っ盛り\(^o^)/
23108227_20231123172229b9a.jpg

23108229_202311231722268d6.jpg
思ったより早く到着してしまい、オープンの10時に1時間もあって
登山の方に混じって周囲を散策させてもらえました。
23108234_202311231722230db.jpg
もう八甲田山の頂が目の前っすよ♪
23108279_2023112317222266b.jpg

ということで入浴時間となりまして一番乗り!!800円也。
硫黄の臭いがしますけど、どこかと違って顔ジャブしても目に優しい(笑)
こちらも足元からポコポコ自噴する浴槽で源泉が2つ。

下の湯
yati_下の湯
霊泉と呼ばれるぬるい湯(38度)

上の湯 42度のあったかい湯
yati_上の湯
上の写真2点は八甲田山九湯会さんからお借りしました。

上下の湯ともに効能が違いおすすめの入浴の仕方が壁に貼られてます。
まずはぬるい霊泉(下の湯)で30分くらい浸かり、その後にあったかい上の湯へ入るのだそう。
カラス行水人間に30分は苦行でしたが頑張りました(笑)
他にも当方は利用しなかったけど岩石剥き出しの打たせ湯があったみたい。

そうしてさらに八甲田山ルートを進みます。
猿倉温泉への分岐
23108285_20231123172222fe7.jpg

睡蓮沼
23108305_202311231722177fb.jpg

23108299_20231123172220f9c.jpg

傘松峠(標高1040m)
23108316_202311231722178f8.jpg

紅葉というよりは黄色が多かったけど
谷地温泉から酸ヶ湯温泉の間はまさに黄金絵巻。
さすが青森の高地ですね、綺麗でした。

で、青森市内に入ったのが正午過ぎ。
まずは昼食にと、昨年出会った驚きのラーメン
みそカレー牛乳ラーメン
23108327.jpg
昨年行ったのと違うお店
最も有名なお店を探しあてて行列して食しました。

前回の思い出が強烈すぎたんでしょうかねえ…
牛乳でカレー風味がまろやかになってると感じた程度で
普通に硬い麺のラーメンくらいにしか感じなくって。

実はこの日は青森市内の居酒屋で一杯飲ろうかって思って乗り込んできたんだけど
満腹になったらその気が失せてしまい前進することに(⌒_⌒;

鶴の舞橋へ
これを渡ると長生き出来るそうですよ。
是非とも行かねばなりませぬ。

途中、五所川原に入ると一気にりんご畑が見られるようになって
23108331.jpg
舞の鶴橋近くの集荷場ではこんな光景が
23108347.jpg

23108348.jpg
素人考えで、こんな大きなコンテナに詰め込んで底の方のリンゴは潰れないか心配しちゃうのですが。

到着しました。
23108344.jpg
岩木山?を背景にカッコイイ!

けど…
23108342.jpg
工事中で渡れず。
長生きへの望みは断たれましたあ(༎ຶ⌑༎ຶ)

で、気分直しはここに再見♪
森田温泉津軽市
23108355.jpg
はっきり言って目立ってませんw
が、知る人ぞ知る名泉かと。
23108354.jpg
外観的に温泉テイストはゼロ、普通のお家。
商売っていうよりファンのために止めるわけにいかない!って感じ?

小さくて、昔ながらのタイル貼りっすよ。
別府市内でいうところのジモ泉ですね♪

お湯はちょっと茶色がかっていてモール泉系でしょうか。
正式にはナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉なのだとか。
l_DSCF5628.jpg
まあそんなことはどうでも良くって、ここのすごいのは

源泉掛け流しなのに
最適な湯温度なのです♪🎵
(僕には🎶)

加水も加温もせず細工なしに、ただ湧き出る源泉をそのまま湯船に入れるだけ
それで42度くらいなんですから奇跡っすよ(^_-)-☆
l_DSCF5627.jpg
上の写真2点はニフティ温泉さんからお借りしました<(_ _)>
し・か・も
湧き出る勢いが半端ない(゚◇゚;)

湯船からじゃぶじゃぶ捨て流しされて
壊れた蛇口からもジャジャ漏れしてる!
けど、ノープロブレム。
さらにお湯が適温だから水の蛇口が無い(不要)のですよ(⌒o⌒)v 

4時頃だというのに今回もこのお風呂を独り占めするという至福で350円也。
感謝です(//∇//)

青森に来たらここは絶対に外せませんわ♥

この日は昨年と同じく道の駅もりたで車中泊。
トイレがシャワー付きじゃないのは難だけど、森田温泉の近くですもん他に選択肢はありませんw
23108357.jpg
これの3千円のを買って宅配便で家に送ったら
すご〜く好評でしたあ <( ̄^ ̄)>エッヘン

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

なるほど・・・
岩木山から日本海側にまわりこもうとすると、森田温泉を通ることになるんですね。
この前は、逆の東方向に走っちゃったので次の楽しみにさせてもらいます。(^.^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

青森は温泉が安くてありがたいです

こんにちは。
有名温泉を総ナメにする勢いで、さすがはマイヤーさん!
大分と青森は300円くらいで入れる温泉がたくさんあり、温泉博士がいりません、笑。青森市内のフラワー温泉も銭湯価格420円ですので風呂嫌いな私でも青森、山形、大分は毎日温泉に浸かります。
マイヤーさんは800円も払ってカラスの行水ではもったいないといつも思っていたのですが、今回は30分入られてモトをとりましたね?!

Re: No title

おやじさん  こんばんわです。

今回は鶴の舞橋のあと岩木山神社を狙っていましたから
何がなんでも森田温泉ということにw
ああいうタイプの温泉には目がないもので♪

Re: 風につれなき物語

鳥羽山麓さん こんばんわです。

了解しました

Re: 青森は温泉が安くてありがたいです

さかやんさん  こんばんわです。

旅行していてその日の温泉に困らないのは
おっしゃる通り青森、山形、大分ですよね。
800円なんてまだ可愛い方で千円を越すところもあって15分入浴じゃあ元を取れていないなと(笑)
まあ、高いなりに色々サービスがついてますけど僕なんかは不要ですし。
でも趣味ですから温泉に入れるシアワセを噛み締めてます♪

No title

紅葉や黄葉、目の保養になりますね\(^o^)/
貸切で温泉を堪能されたとは、うらやましいです!
希少品種のりんごにも、興味津々です♫

Re: No title

utokyo318 さん  こんばんわです。

桜の満開も紅葉も狙って遭遇するのは難しいですけどここではついておりました。
あのじゃぶじゃぶで適温の湯船に一人で入るのは本当に贅沢なひとときでまた行ってみたいです。
りんごも本場で取れたてを食べると美味しさひとしおでした♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
車中泊も8年目を迎えますが、まだまだ旅への欲望は尽きませんで♡敬愛する小原庄助さんには朝寝と朝酒では負けても朝湯と晩酒なら勝つ!つもりで今年も各地を巡ろうかと┗(`O´)┛ そして人と施設には気兼ねの心を忘れず、迷惑を掛けない旅人でありたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村