fc2ブログ

記事一覧

2023秋東北㉑ 小野川温泉「尼湯」でアッチッチ&小町の休み石♪

10月18日(水)続き 
米沢市内は暑かったあ、27℃ですよ。

オー⚪︎バックスに寄ったりしたんで遅くなったけど
小野川温泉へ午後2時に到着
23108736.jpg
街入り口の旅館組合の駐車場に駐めさせてもらいましてブラブラと。

この温泉はつい最近、さかやんさんが来ていて羨ましかったのですけど
すごーっく地味で落ち着く敷居が低い、いい温泉地なんですよねえ。

23108746.jpg

当方が知ってるだけでもこの街には飲泉所が3ヶ所あって
健康にいいからとオススメの文章が掲出されてる。

それにしても街並みが4年前と全く変わっておらず非常に閑静で居心地がいい。
前回は旅館のにお世話になったけど、今回は立ち寄り湯2ヶ所のうちココ♪
共同浴場尼湯  
23108762.jpg

ここの源泉を外にある水(湯)槽で見られます
23108753.jpg
透明な湯の中で白メダカのように泳いでいるのが湯の花で〜す♪

では入ります。
券売機があって無人でござんす。
そのうえ客は僕一人、200円也Y⌒Y⌒ヾ

なんて素晴らしいシチュエーションでしょう♡
早速入っちゃるぜよ♡
23108766.jpg
あッチィー!!!
熱い!(#`皿´)


どう考えても45℃はありましたがね ( ▽|||)
野沢温泉、渋温泉を思い出す水入れ開始っす。

湯の花メダカがいっぱい泳いでいるのを恨めしげに見つつ
待つこと7〜8分、やっと浸かることが出来ましたよ。
源泉100%掛け流しとはいえあれは無理です入れません。
ということで、泉質がどうとか味わう余裕はなく出て来ました(笑)

汗がダラダラなので隣の岩で一休み。
23108769.jpg
これが「小町の休み石」 (〃'∇'〃)ゝ
その昔、小野小町さんが実家への帰省旅の途中で病になり、この石の上で休んだのだそうな。
ちなみにその病はこの温泉で治ったんですって!

泉質は中性の含硫黄ナトリウム カルシウム塩化物泉含ラジウムに加えメタケイ酸豊富という
よく分からんのですがお肌に優しいのは間違いなさそうです。
が、疑問小町ちゃんはあんな熱湯に入れたんですかね?


この日、宿泊でお世話になったのは
道の駅米沢
23108782.jpg
まだ明るい4時に到着したんですごく賑わってる。

23108783.jpg
米沢牛串880円也を頬張り
Wi-Fiを使わせてもらってブログ訪問でもしようとしたら
設備が貧弱でネットに繋がりませぬ。

早々に寝ました♪


うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 風につれなき物語

鳥羽山麓さん  こんばんわです。

ありがとうございます。

No title

水を何分も足さないといけないとは、なかなか大変ですね(^_^;)
地域の方は、平気なのだろうかと思ってしまいました。
米沢は上杉神社と東光の酒蔵に行きましたが、米沢牛は外せませんね♫

No title

「源泉かけ流し」とは、非常に魅力的な誘い文句・・・(笑)
引いてくる距離が長ければ”適温”で入浴できるのだろうけど、源泉に近かったらどこも”加水”してるような気がするんだけどねぇ~。
こういう時って、誰かが湯に入っていてくれると”適温”になってるから楽なんだけど初湯は辛いですよね。

Re: No title

utokyo318 さん  こんばんわです。

いやあw
あの熱湯は地元の方でも難しいんじゃないでしょうかねえ(笑)
洗面器に水でうまえたのを入れ体に掛けながら入浴可能を待ちました。
でも汗が吹き出るのって気分いいですわ♡

それにしてもブランド牛ってなんであんなに高額なんでしょうね。

Re: No title

おやじさん  こんばんわです。

ほんまに!源泉掛け流しで適温だなんて奇跡ですよね。
加水せねば入れないものの加水時点で源泉薄めですもんね。
今回も入れるようになって退場しようという時にお客さんがw
しっかり露払いしておいたしょうな(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
車中泊も8年目を迎えますが、まだまだ旅への欲望は尽きませんで♡敬愛する小原庄助さんには朝寝と朝酒では負けても朝湯と晩酒なら勝つ!つもりで今年も各地を巡ろうかと┗(`O´)┛ そして人と施設には気兼ねの心を忘れず、迷惑を掛けない旅人でありたいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村