FC2ブログ

記事一覧

アルミテープチューンをやってみた、感想。

車体の非金属部分にアルミテープを貼るだけで、車の調子が良くなる!

あのトヨタが特許を取得したという、アルミテープチューンをミンちゃん号に施し始めてから、
45日?くらい経過、走行距離が1,445kmになりました。

効果の程はどんなもんだろう?
毎日気にしながら走って来ましたけど、そろそろ整理してみようかと。

変化は間違いなくあるけど過度な期待をしないように。
長い話になって、カキコしてる本人が飽きるくらいですから(笑)早々にスルー出来るよう、先に結論を言っておきました (^▽^;)

テープ

まず、予め申しておきますが、僕ってめちゃ鈍感なので微妙な変化を感じ取るなんて出来ません。
それと、アルミテープなんていかに上手に貼ろうとも、見た目が悪くなる。しかも長期間放置すると剥がしにくくなってカスが塗装に残ったり、日焼け跡が残っちゃう恐れがあります。

そんなん嫌なので、僕は効果的といわれるオススメ箇所にテープを貼るというよりも、その近くの目立たない場所に貼りましたので、そのため効果が乏しくなった可能性があることも前提にしての感想となります。

まあ一言でいうなら、信頼性のないレポートということで(笑)ご勘弁を。

(アルミチューンの基本的なハナシは長くなりますが、車が走行すると空気との摩擦で静電気が発生し、そこが金属部品なら放電するんだけど、導電性のないプラスチックやガラス部分にはその静電気が溜まったままになり、それが走行中のボディ表面の気流を乱してとくに高速域での走行安定性が悪化したり、空気抵抗が増えたりと走行に悪影響を及ぼすそうです。そこで、そういった部品に導電性のあるアルミテープを貼ることで帯電が除去され、走行性能が向上するという理屈だそうです。その後空気摩擦と関係ない部分に貼っても効果があることが分かったそうですよ。)

詳しくは:アルミテープで走りの味が変わる!? トヨタが新技術を公表「みんなで試して」

僕は好きですけど、これって俗に言うオカルトとしか思えない(笑)でも、世界のトヨタがわざわざ国際特許を取得したというのですから、効果があるのは科学的に証明されているはず。それがどれほどのもん?てところです。

1、まず最初に、前後のバンパーにペタペタと。
バンパー後ろ
目立つ箇所は避けて下や裏側に貼りました。これで気流が整えられて走りが安定したか?燃費に影響があったか?
わかる訳ござんせんw全体のフィーリング&結果論で判断するしかないですね。

2、ステアリングコラム
テープc
次にアルミテープを貼ったのは最も効果が顕著と言われるステアリングコラムに。
口コミや噂ではハンドリングが安定するらしい。僕のミンちゃん号も直進性が安定し、カーブも地面に活着した感じで曲がってくれてます。
ただし、総走行距離が1.5万kmを過ぎた辺りから、サスペンションが練れて非常に安定していたので、ひとえにアルミテープのお陰だとは言えません。

3、ラジエーター前のバー
テープ4
ちょうどプラスチックになっているし、ここら近辺から空気も取り入れてるだろうと思い、バーの裏側に貼っています。これも、ここだけで効果の有無は語れません。けどイメージとしては燃費向上に効いているような気がして自己満足しています。

4、エンジン内部
テープb
主に吸気関連の管に貼り付けております。上の写真はエアフィルターとその配管、ついでにヒューズボックスの蓋に。
下の写真はエンジンの燃焼部なので、耐熱性のテープを吸気管とよう分からんゴム管に。ゴム管の方は急に燃費で悪い数字が出たため、逆効果と思い後に取り除きました。もう少し経過を見ても良かったのですけど。

テープa
エンジン音に明らかな変化が!
発進時にアクセルを踏み込んだ時のエンジン音が、軽四特有の雌鶏が泣き叫ぶような音から若干獣系の低音になりました。走りに悪影響もないし心なしかトルクアップしたような。なによりこの音が結構気に入りまして、そのままにしてあります。

6、エアコンカバー
これも間違いなく元気になりました。吹き出しのパワーがアップしてます。喧しいくらいで、あんまり有り難くない効果wそのうち取り除くかも。

7、その他
リアスポイラー、フロントグラスの下隅、サイドミラー等々にもチマチマ貼っております。風切り音が少なくなったとか書かれている方もいますけど、僕には実感できておりません。

8、燃費はどうなったか?
結論から申しますと、走行条件が違うので比較のしようがありません。細かいことをいえば、チューン後にドラレコを装着しているから、使用電力も増えていますし。けど、悪くはなっていないのではないか・・・とオカルト大好き人間なので信じています。

ちなみに、ミンちゃん号の
           総走行距離22,500km 平均燃費12.8km 最高燃費15.8km 最低燃費10.9km
  チューン後の総走行距離 1,445km 平均燃費13.2km 最高燃費15.4km 最低燃費11.7km

一見すると平均燃費でチューン後が良さそうですけど、信号の少ない郊外走行が多かったので燃費良好は当然。逆に最高燃費で劣っているのが気になります。しかし、まだまだ判断するに次期尚早ですよね。あと3千kmほども走ってみれば、もう少し傾向がわかるかもです。
燃費において現時点での結論は、良くも悪くも所詮はこの程度ということで。

アルミテープを非金属部分に貼ることで、何らかの影響が出ることは間違いがありません。過度な期待を持たずに、「何かあったら儲けもん」程度に思える方は試みても腹は立たないと思います。

ただし、注意しないといけないのは、あくまで個人責任ですから
1、アルミテープは活着が強くて剥がしにくい。塗装を傷つける恐れもあるし、経年劣化でカスが残ってしまう可能性もあります。
ですから、使用するテープは裂けにくい厚めのものがベターでしょうし、剥がしやすいように、そして通電性を高めるためにテープの端を折り返しておくのもいいかもです。くれぐれも小汚いクルマにしないよう。

2、テープを貼る場所は、情報を集めて研究してから、部分部分に段階的に効果を確かめながらにする。

3、普通のアルミテープは燃焼します。エンジンルームには耐熱性じゃないと危険です。

僕はこういうオカルト系大好き人間で、今までも随分とお金を注ぎ込んで来た「オタク」ですから楽しんでおります。
燃費が明らかに向上していると実感したら、またご報告しますけど、多分・・・でしょうねえ(^ー^* )

長々と失礼いたしました<(_ _)>
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村