FC2ブログ

記事一覧

湯原温泉の混浴露天「砂湯」、ネーミングに異議あり(笑)

甲子園での野球観戦がてら、昨秋に入浴を果たせなかった温泉へ、リベンジに行って来ました。
わずか2泊3日で走行970kmという、旅情を楽しむ余裕もない強行軍(笑)

まず3/26(月)早朝に、岡山県湯原温泉に向け出発。

R0014456.jpg
目的はもちろん「砂湯」でひと風呂浴びること。

2日後には帰宅しないといけないため、今回はポリシーに反して自動車道優先の旅です。
IMGP4281.jpg
途中に立ち寄った瀬戸大橋も煙っていて、ロケーションがいまひとつ(T_T;)

しかも、3月決算期だからか道路工事の多いこと多いことw
エエ加減に無駄な予算執行は止めんと、日本は潰れるよ…などとブツブツ言ってるうちに、
約3時間掛かりましたが湯原温泉に無事到着しました。

IMGP4295.jpg
昨秋の台風後は、この駐車場はダムの濁流に呑まれてましたけど、キレイに復旧してます。

IMGP4296.jpg
この工事もあの時の爪痕補修なのでしょう。
が、そんなことはここに至ってはどうでもヨロシイことでして

いざ!砂湯へ。混浴露天ですぞ!

R0014458.jpg
駐車場から上流方向に登りまして、車の進入禁止になっているところが砂湯への門口です。

ホンマに、ダムの直下!

R0014461.jpg

場所は、入り口にモニュメントがあるから、すぐ分かります。
R0014467.jpg

これは飲料用でしょうか?
R0014465.jpg

そして、随所にこの看板が立ってます。
砂湯看板


言われんでも隠しますがな!!!
腹も出っ張ってるし、できることなら全体的に隠したいのが本音ですがね(^▽^;)

のれんが掛かってる小屋で着替えして入浴します。
砂湯

僕が入浴した時には他に3人さんほどいらっしゃいました。幸い?にも男性ばかり。

浴槽は3つありまして。川の流れ近くにあるのが子宝の湯美人の湯。この2つは繋がっています。
僕は美人の湯に入ったのですけど、これがまたヌルい!

この日は結構な風があって、湯に浸かっている時はいいのですが、立ち上げると寒くて寒くて(>_<)

こりゃあ着替えてる間に風邪引くなと覚悟したのですが、
岸側にある屋根付きの長寿の湯が普通に温かい湯だったので助かりました。

ココ、冬に入るのはお勧めできません。

湯質は無色無臭ヌルなし。
隣を流れている川の水が流入しているでしょうから、薄まっているかもしれませんし、日によって泉質が変わることもあるかも。


でも、ここは泉質を語るような温泉じゃなかろうと。
だって、お日様燦々の下、開放感は半端じゃないですもん(ダムの威容が若干怖いけど)
さすが露天番付で西の横綱と言われるだけのことはあります。

わずか20分程度の入浴でしたが、肩こりが消え去ったような気分にさせてもらいました。

R0014466.jpg

確かに川向こうにはこんなホテルがあったりして丸見えで
そりゃ恥ずいですけど、
湯船に浸かってしまえば、意外とどうってことありません。肝が据わるというかw
そして、同じ恥ずかしさに耐えた者同士の連帯感のなせるわざでしょうか。帰る際に「お先に〜。ごゆっくりどうぞ。」などと口走ってますぜよ。

水着着用もOKのようですけど、男子たるもの温泉は裸の付き合いでありたいもの。
大きめのタオルを持参したらいいんじゃないですかね。

IMGP4289.jpg
ここが市営の元湯湯本温泉館です。
嫁さんはこちらで1時間以上楽しんで来たのですが、すごくヌルヌルしていい湯だったと…。

以前に利用したことがあって、大した泉質との記憶がなかったからスルーしたんですが、失敗だったかも。

IMGP4288.jpg
IMGP4286.jpg
温泉館の前にちょうど薬師堂があったから参拝しました。ここの手水も温泉で、さすがに豪華でござんした。


♪♪♪♪♪♪
この日、やっと念願かなって砂湯に入ることができました(●⌒∇⌒●)
しかも、この日は入浴客がいない時間帯に、遠くからですけど写真を撮らさせてもらいました。感謝です。

いろいろな紹介文では川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂噴き湯(砂湯)の名称で呼ばれるようになったとありましたが…砂なんぞ見当たりませぬ(笑)

実際には、湯船を歩くとき敷き詰めてある小石が足踏み健康法さながらに、ゴツゴツと足裏を刺激してくれて痛いったらありゃしない (*´▽`*) でも健康にいい!小石湯とでも改名した方が現実に即してるんじゃないの!?

・・・などと罰当たりなことを考つつ、湯原温泉をあとにしました。

恩知らずなこって、ごめんなさい m(_ _)m いい気分にさせていただきました。
※天女の湯へ続きます



うれしいブログが勢ぞろいです。お時間があればどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

かなりの強行軍かと思いますが、温泉はしっかりと楽しんだんですね(^_^.)
6年前に砂湯に入りましたが、風景は変わってないけど駐車場はきれいになったようで・・・
これ、台風のおかげ???

Re: No title

おはようございます。
ホンマに疲れました。只々、温泉に入りたい執念で駆け抜けたといいましょうか(笑)
温泉以外は味も素っ気もなく帰って来ました。

> 6年前に砂湯に入りましたが、風景は変わってないけど駐車場はきれいになったようで・・・
> これ、台風のおかげ???

施設は新しくなってないですけど
濁流で汚れたのを洗い流したから、キレイになったのかもです。

No title

おはようございます。 コツコツと全国の温泉地を楽しんでおられれて羨ましいです。

砂湯は、昔は水着着用禁止だったのですが、最近は可能になったのですね。

最近、砂湯の下流に下湯原温泉が発掘されて、日帰り温泉施設ひまわり館が作られています。源泉かけ流しの露天風呂一つですが、泉質はぬるっとし少し硫黄の香りがします。

浴槽から流れ出る水路?に寝転んでいるのも岩盤浴をしているようで気持ちのいいものです。

もし帰りに湯原をとおられるのであれば、行ってみてください。

強行軍みたいですので「、気を付けて、旅行を楽しんでください。

Re: No title

こんにちわ。コメントゴチです。

もう少しでコウレイシャさんのテリトリーに到達できそうだったのですが、スケジュールが押して至りませんでした。

砂湯は水着okでしたが、男の水着というのもなんだかイメージ湧きませんよね(笑)

ひまわり館と湯本温泉館はまたのついでに捲土重来しようかと思います。なにせお金はないけど、時間だけは有りますし(笑)



こんにちは!

一度は入浴してみたい露天風呂ですよね!
ただ水着とかは嫌ですし大事な部分は隠しながらの入浴になるのでしょうね!

No title

隊長さん、おはようございます。

周囲が観覧席になっているようなシチュエーションですけど
浸かってしまえば知ったこっちゃない(笑)みたいな感じで。

お日様が特に明るく感じられました。三朝温泉よりは恥ずさはマシかもです。

温泉で男性の水着着用は、絶対に違和感がありますよね。
やっぱタオルで古式ゆかしくがしっくりきます。

コメントの投稿

非公開コメント