FC2ブログ

記事一覧

日和佐・薬王寺様へ厄除け参りして帰路に 3/28

今回は徳島の日和佐・薬王寺様に後還暦のお参りをしようと
明石大橋から美波町(日和佐)→室戸経由で帰ることにしました。

温泉もあるし「一石二鳥」になりますし。
IMGP4361.jpg


早朝の6時前に目覚めたのは道の駅みき
昨夜も営業終了後にやって来たから、駅で何も買うことができず今回も貢献度0。
全くもって、ご恩返し出来ず申し訳ないです。

それにしても、この駅は来るたびに車中泊の車が多くなってます。

翌早朝はご覧の通り。
IMGP4330.jpg

国道から遠く離れているし、
IMGP4335.jpg
トラックも専用駐車場に隔離されているから静かで快適。
IMGP4334.jpg
さらに上段には広大な第2駐車場がありますもん。
IMGP4329.jpg
泊仲間も多いから安心だしすごくいい施設です。
ただ一晩中アイドリングしてる普通車の割合が多いのはいただけません。
喧しくはないけどCO2排出が社会問題になってるのに‥‥。やっぱ泊するからには、多少の準備を。

ということで1時間半かけて鳴門大橋までたどり着きましたよ。
FILE0005.jpg
この日の渦潮は殊の外元気だったようなw

さらに2時間近くかけて、やっと道の駅日和佐に到着しました。
第23番札所薬王寺とは至近の駅です。
IMGP4348-1.jpg

昨年はここで車中泊させてもらったっけ。お遍路さんも野宿してたよなあ。

足湯でおもてなしですよ。
IMGP4344.jpg
お遍路さんも疲れた脚をこれで癒すのですね。
IMGP4343.jpg

ふと天井を見上げると、なんと早くもツバメですぜ!春ですねえ。
IMGP4347.jpg

薬王寺様も春爛漫いいときに来ました\(*^▽^*)/
IMGP4363.jpg
ここ醫王山無量寿院薬王寺はご本尊は薬師如来で厄除けのお寺として超有名です。
まず仁王門をくぐって桜並木の直線参拝道を進みます。
IMGP4367.jpg IMGP4368.jpg
鳴門秘帖の撮影地だったんですね!鳴門秘帖だなんて、僕の年代がかろうじて滑り込みセーフですかね( ▽|||) 

最初の石段=ここが33段の女厄坂です。
IMGP4401.jpg
数え歳で33歳になった厄年の女性は真言「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」と唱えながら、1段に1円玉を1個づつ置いて登って厄を払うのです。

女厄坂を登ると線香の煙が立ち上っていて、かたわらに石臼があります。
IMGP4404.jpg
真言を唱えながら、歳の数だけこの石臼を杵で突くと無病息災でいられるそう。当方も突かせていただきましたが、真言を唱えながら数を数えるのは…聖徳太子でもない我が身には難しいですわ(^▽^;)

そして、42段の男厄坂があり、厄年の男性は真言を唱えながら、一段一段に1円玉を置いて厄払いします。

登り切りますとご本殿が。
IMGP4371.jpg

そしてここには厄除けの鐘がございまして
IMGP4375.jpg
ここでも真言を唱えながら、歳の数だけ鐘を木の棒で叩くと厄除けできるという。改めて申しますけど「おん ころころ せんだり まとうぎ そわか」と唱えながら62回、正確な回数を叩くのは至難の技です!僕も叩きましたが絶対に間違えましたよ<(_ _)>

おのれの無能さを恥じつつ向かったのは、本殿の横手の還暦坂

IMGP4399.jpg
ここは61段あります。当方は昨年に登らせてもらい済みですし、今年は数えで62歳ですから普通に石段を上がって、最上段の瑜祇塔(ゆぎとう)におじゃましました。あの、遠くからでも鮮やかに見えてる紅い塔です。
IMGP4381.jpg IMGP4389.jpg
この塔の足元は亀が支えておりましたよ。さすがはウミガメの産卵で有名なウエルカメの美波町です。

ここからの見晴らしは最高!絶景です。
IMGP4393.jpg
IMGP4379
日和佐城も目線の高さでござんすよ。
IMGP4387.jpg

塔内にも入らせてもらいました。貴重な書画がたくさん蔵されており、写真撮影は不敬だろうと自粛しておりましたが最後の最後に、この像の美しさに負けてついついパチリとm(_ _)m…バチあたらんろうか?
IMGP4390.jpg

なんとか参拝を終え、温泉に入ろうかと下りてきました…。日和佐温泉は第一駐車場の入り口に、ご覧の通り味気ない?建物内にある放射能温泉です。温泉とともに食事処&参拝者のトイレを兼ねたありがたい施設なのです。
IMGP4359-1.jpg

ところが残念、温泉の営業は13時からとなってます。あと1時間も待たなくてはなりません!転進することにしました。
目標は高知県との県境にある宍喰温泉。昨年の記憶ではヌルヌルの湯でござんしたが、どうだろ?。


ホンマに長々と、自分でもカキコしてて飽きてしまう、牛のよだれ投稿になりまして申し訳ございませんでした<(_ _)>


うれしいブログが勢ぞろいです。お時間があればどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
何故?ブログ更新を楽しみにしてるのかわかりました!
自分の住んでいる地区と全く違うからいい意味の新鮮さがあるからです。
次回の更新も楽しみにしています。
とおる

No title

隊長さん、おはようございます。

そう言っていただきますと、カキコしながら自分が飽きるという拙さですけど、励みになります。

実は僕の方こそ毎朝、目の保養をさせていただいてて感謝してます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村