FC2ブログ

記事一覧

こじゃんとヌルヌルでした!宍喰温泉にビックリ 3/28

薬王寺から約60km、1時間20分ほどの距離。
さすがに車の運転にも飽きまして、眠くなるし首も痛い…という頃に到着しました。
道の駅宍喰温泉は、高知県との県境にある海沿いの街です。

IMGP4415.jpg

この駅にはレストランもあるんですけど、新鮮な海産物コーナーが見ていて楽しいですね。
安くて美味しそうだったから、帰り際に刺身を買っちゃいましたよ。氷もつけてもらって (〃^υ^〃)

お目当の宍喰温泉は駅の隣りホテル・リビエラししくいの2階にあります。
IMGP4414.jpg

目の前には太平洋が広がってます。
IMGP4413.jpg

玄関横にはこんな看板が。「つ〜るつ〜るの美肌の湯」ですって!
IMGP4411.jpg
どこもこんなん言ってますから…看板なんぞでは騙されんぜよw
昨年も入浴したけど、そこまでのヌルヌルではなかったやろう!?などとうそぶきながら

まず、フロントで入浴料お一人様600円×2名を払いまして2階へ。

脱衣所で察するに客は僕だけ?
わ〜い貸切だあ \(*^▽^*)/

ということで、気兼ね者の僕にしては初めて、浴室をスマホ撮影させてもらいました。
無許可でごめんなさい。この日は横着者になってます<(_ _)>

IMG_20180328_130814.jpg

すっかり昨年の記憶が消えちゃってましたが、お風呂場は2箇所に分かれてます。
片方に移動するには、体を拭いてからじゃないとダメですよ。

これが、大浴場。ホンマに広い!
IMG_20180328_125408.jpg

湯気で曇ってますけど、窓の外は太平洋でござんす。
IMG_20180328_125417.jpg

湯船に入って超ビックリ!
めちゃくちゃヌルヌルしとるがね!!!

明らかに昨年入った時よりヌルヌル度が上回ってますよ!
下の成分表にはPHの数値が表示されていないから感覚的な判断になりますけど、
僕の知ってる四国内の他のヌルヌル温泉を軽く凌駕してます。
IMG_20180328_124828.jpg

どうも理由は成分表に小さく貼付してある部分のようです。
ここの源泉は地下1000mから汲み上げているそうで、おそらく湧出量に限りがあるのでしょうね。

「源泉の不足分を補う為、加水する時がある」旨が書かれています。前回は加水されていたのかも。
確かに洗い場のシャワーなどは普通の湯ですし、納得です。

それにしてもこの日のヌルヌルは感動もん、必要にして十分のレベル。
これ以上のヌルヌルは、物に例えれば嗜好品?

でも、この感動を味わえるのは、日によって当たり外れがあるの?
まあ、いいか。今日は大ラッキー \(*^▽^*)/

こちらは桧風呂。風情があるし一層ヌルヌルしてるように感じますけど、僕的には大浴場で太平洋を眺めるのが好みですね。
IMG_20180328_124919.jpg


大浴場は他にもバブルの寝湯、薬湯、サウナ、水風呂などがあって、脱衣所にはトニックやリキッドも備えられており、うれしい湯質とともにこれで600円はリズナブルです。塩分のためでしょうか鉄製の部分が錆びていて経年を思わせますが、清潔なので不満ありませぬ。ただし要注意はタイルの上を歩くとき。滑りやすくなっているから気をつけねばなりません。


元気復活!脱兎のごとく帰路へ。途中、室戸でひと休みです。


室戸岬に立つ中岡慎太郎像
IMGP4434.jpg
写真で見る厳つい顔の慎太郎より可愛らしいような気がするんですが。

ちなみに高知県東部は今や日本一の柚子の産地ですけど、元を辿ればこの慎太郎が若くして北川村の庄屋をしていた時に、飢饉の対策にと柚子を植えることを奨励したのが始まりらしいですよ。
やっぱ、偉人は何をやらしても功績を残すのですね。

近くにはジオパークの遊歩道があって
IMGP4421.jpgですが、地質には興味も知識もなくって・・・

釣り人もいますよ。あんな岩の上に。
IMGP4438.jpg

さすがにもう夕方だし、室戸の残照を土産に自宅へまっしぐらとなりました。
IMGP4442.jpg

この日も走行300km超えとなって疲れました((((_ _|||))))が、おかげさまで無事帰り着けました。

いい温泉にばかり出会えた、シアワセな2泊3日の旅完了。感謝です。


うれしいブログが勢ぞろいです。お時間があればどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント