FC2ブログ

記事一覧

ボンネットの虫の死骸。対策あります?

暖かくなりました。
早朝や夕方以降に走行すると、フロントガラス〜ボンネット・バンバー・ナンバープレート、
はてまたサイドミラーに至るまで、虫の死骸で真っ黒けっけ。

車にぶつかって死ぬ虫さんも不幸でしょうが、
旅先で、ゴマを散らしたような無様な車にされるこっちもエライ迷惑。
僕くらいの年齢になると朝の目覚めが早くて、日の出前に出発しちゃうから、大量の虫に好かれるのです。

そして死骸を放置しておくと悲惨なことに

黒くなるだけならともかく、虫さんの潰れた体液は車の塗装を破壊する大敵。
しかも、ちょいと放置したらこびり付いてなかなか除去できませぬ。

フィットと

特に今の車は燃費を良くするために軽くしないといけないから塗装も薄くて、写真のフィットなんて鳥のフンを洗い流すのを1週間サボっただけで、塗装に穴が空いちゃった。

エッ?ガソリンスタンドで即洗車すりゃいいじゃんか?って

自慢じゃありませんが、当方はマイカーを洗車機に入れたのは生涯で2度だけのオタク。
性能が良くなったとはいえ、メタリックをあんなもんで擦って、シマウマ塗装にする気はサラサラございませぬ。

上のフィットは二年前、ノウハウも無しに最初の車中泊旅行を決行した時のもので、
この日はピカピカですけど、前日まではそりゃあ酷いもんで。
水圧ガンで水を吹き付けても死骸を除去できないから、結局はひたひたに水を含ませたウェスで優しく叩きました

皆さんはどんな対策してるんだろう?

僕は旅行出発前に、車の前面にはコーティング剤を重ね塗りして皮膜を厚くしてます。

ゼロ横長2

厚い皮膜が虫の体液とウェスの摩擦から塗装を守ってくれるんではないかと…甘い期待で
効果は分かりませんけど。
当然、翌朝は車内の結露を拭くついでに、虫も濡れウェスで除去してます。

フロントグラスは撥水性のレイン〇〇とか施工しましたが、
一度付着した体液はウォッシャー液とワイパー使っても落ちず、これも濡れタオルで擦るしかないのが現状です。

専用のケミカル製品もあるようですが手間が掛かるみたい。
旅先でのことですからパッとやれて、サッと済まないと辛いですよねえ。

う〜ん。悩ましいです。


それはさておきまして、平成30年度版道の駅旅案内全国地図をやっと手に入れました。

僕には車中泊時の必携アイテムなのですが、今年はすごい人気なのでしょうか、近くの書店に置いてなくて…。半月以上待っても入荷しないし、お取り寄せを頼んでも日数が掛かるだろうから、結局は超巨大通販で買ってしまった。こんな物にこそ近くの個店でお金を使いたいのだけれど、企業の実力差が有り過ぎて致し方無しです。
       道の駅雑誌
本年度版は地図の上部に道の駅近くの温泉が抜粋されており有り難いです。けどまあ、僕のように節操なく温泉に入り浸る者には、もっと針の穴場が必要なので他で勉強してますけど。

ともあれ昨年本より27駅増えてるし、データが最新のものを持ってないと現地でエライ目に遭いかねないので。九州旅行の準備がまた一歩前進です(⌒o⌒)v 


うれしいブログが勢ぞろいです。お時間があればどうぞ。
にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
愛車を綺麗に乗りたい気持ちは皆同じですね!
私の場合は納車されて汚れを感じるとそのまま洗車機に向かいます♪
人それぞれですね!

隊長さん おはようございます。

コメントありがとうございます。

>>人それぞれですね!
全くその通りですね。特に僕って変なところが凝り性でw

仕事なんかだとその案件のコンセプトを掴んだ後は、エイ!ヤッ!って…出たとこ勝負のファジー人間になるんですけど(笑)

趣味の世界は人格が変わって粘着質になるようでw我ながらま困り者です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村