FC2ブログ

記事一覧

満開のツツジと歴史etc、地味にすごい?安芸市

花粉の飛散が収まるまでは、県外に出ての車中泊など思いもよらぬこと。近場で遊ぶしかございません。
その近場で、今日(13日)はとても濃い1日を過ごすことが出来ました。

新聞に安芸市・内原野公園のオンツツジ満開!との記事が載っており、
IMGP4602.jpg

花見がてら近くの温泉に行ってみようと、嫁さんと出掛けた次第です。

目的の内原野公園は自宅から東へ約1時間ほど車を走らせた所にあります。
安芸市に入って田園地帯を走ってると、道々にこんな看板が・・・
IMGP4566.jpg

岩崎弥太郎が厳しい顔で「いらっしゃい」してるじゃありませんか (^▽^;)

雷でも落としそうな顔してますもん。行くしかない、ですわねえ(*´▽`*)アハハ

弥太郎さんの指し示す通りに進みますと、難なく生家前に行けます。
ご覧の通り駐車場も完備。ガイドさんも居てらっしゃいます。
IMGP4539.jpg

でも・・・この右手って
IMGP4542.jpg
絶対に!「いらっしゃい」の意味じゃないw

それはさておき弥太郎さんの生家ですが、想定外にきれいでした。
IMGP4560.jpg

庭の楠?も超大木。
昨今ちょいとミソをつけてる三菱グループだけど、その繁栄を具現したような巨木が三本もありましたよ。
IMGP4561.jpg

困窮していた少年期にすら、庭に自ら日本列島を模した石を組んで
「日本列島は我が庭にあり」と、うそぶいていたそうですよ。
この写真の左端の石が北海道のようですね。
IMGP4555.jpg
この逸話は知りませんでしたが、やっぱ偉人は子供の頃から違いますねえ。
僕が子供の頃に同じこと言ってたら、今頃は大ボラ吹きって(笑)

やっと、内原野公園です。公園からちょっとだけ離れた所に
IMGP4567.jpg
良心駐車場ですって!?はじめて見ましたよ良心市の駐車場版。
さすが良心市発祥の地?高知やわ。だ〜れも見てないと思うとヘコは出来ません。箱に100円入れて出発。

IMGP4574.jpg
内原野公園はこの弁天池の周囲の山に、こんな感じでいっぱいの花木が植わっております。
IMGP4592.jpg

IMGP4597.jpg

華やかなオンツツジばっか見てますと
こういう可憐なのに惹かれたりして、いつまでも男は男でござんすねえ。移り気で。
IMGP4609.jpg

内原野は焼き物で有名な地でして窯というものを初めて拝見しました。

使ってる形跡がないのは時期外れだからかな。
IMGP4620.jpg

陶芸館にも寄ってみました。なかなかに実用的で美しいものがありましたけど、
我が家の生活レベルには0がひとつ多い(^▽^;)
IMGP4624.jpg

ところで安芸市って、阪神タイガーズのキャンプ地の成れの果てじゃろ、なんて思ってません?
先の岩崎弥太郎もそうですけど、実は地味にすごいんですよ。

まず、有名な野良時計
IMGP4634.jpg
まだ時計が珍しかった明治時代に、1個人が外国から取り寄せた掛け時計を分解組立して仕組みを覚え、部品も手作りして一人で作り上げたという大時計。以来、野良仕事をしてる人達の強い味方として時を刻んできたそう。

野良時計の近くにあったマンホール (^_-)-☆
IMGP4630.jpg

小学校の塀もなにかしら違ってます。
IMGP4637.jpg

安芸市は空襲がなかったから、武家屋敷の佇まいも残っているのです。
IMGP4644.jpg
IMGP4645.jpg
この塀は瓦と小石を赤土で組み上げてました。

IMGP4648.jpg
一般開放してくれている野村邸

そのほかにも童謡の作曲で有名な弘田龍太郎の生地と言っても分からないかもですけど
IMGP4562.jpg

「春よ来い♪早く来い♪ 」とか「お~手ぇ手ぇ~♪つ~ないでぇ~♪」とか「甍(いらか)の波と~♪雲の波~♪」で始まる歌の作曲家と言えばお分りいただけるかと。
IMGP4685.jpg
市内各所に童謡のモニュメントがありますけど、極め付けがこの童謡トイレ。利用者が近づくと童謡が流れる優れものですw

さらに、安芸市は昔から書道が盛んな所で、川谷横雲、尚亭兄弟、手島右卿南不乗という超大家を輩出していて書道美術館もあるそうな(興味がないので訪問しませんでした<(_ _)>)

以上、能書きを延々と垂れましたが、この後に行ったこまどり温泉のカルチャーショックには及びません♪
この温泉は誰でも行けるとは限らない、かもです\(*^▽^*)/ 

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
ツツジが満開できれいですねぇ~(^_^.)
安芸の野良時計や武家屋敷も懐かしい風景・・・
吉良川地区の白壁土塀のところなんかは、いい雰囲気ですよね。

No title

おやじさん こんにちわ。お帰りなさい。

僕的にも今更ながらの安芸市探訪でした。
温泉前の前菜のつもりなのでしたが、
バーで幾度もご一緒して懇意にしていただいた、山内家時代に安芸を治めていた五藤家の先代故当主のことを思い出してしまい、マジに見尽くしてしまいました(笑)

いろいろとエイとこあるんだけど・・・一発ホームランみたいなものを今の安芸市は創出してないのですよねえ。もったいないんですけど。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村