FC2ブログ

記事一覧

秘境の温泉と、子狸に化かされた?馬鹿ナビ。力尽きて徳島で車中泊。

塩江温泉郷から徳島県美馬市に向かう50分ほどの道程はまさに新緑ドライブ
素晴らしかったです。

美馬に出てすぐに出現した、この存在感のある山はなんて名前なんでしょう?
人間があんまりいじくってないから雑木が多くて、山全体が若葉で萌えています。
IMGP4855.jpg

この国道193号線は民家がポツポツ有って寂しくないし、
こんな風景がふんだんに有って、道幅も普通に確保されてる。

高知ー愛媛の194号線とともに、来年もこの季節に来てみよっと。
ただ、戦(193)行くよ(194)と語呂が勇ましいのが気に掛かりますけどw
193号線山

もう午後4時を回っているので、今夜の寝ぐらを探しませんと・・・
まず、道の駅藍ランドうだつを伺ってみました。
道の駅藍ランド
パッと見で、トイレと駐車場しか有りません。

歩いて入り込んだら、街並みとか文化財があるようですが、
僕も早朝からの運転と温泉2発で疲れ果てており、そんな気には到底なりませぬ。

こうなると、残るは道の駅貞光ゆうゆう館のみ、選択の余地なしでござんす。
IMGP4861.jpg
なかなかに洗練された駅じゃあございませんか♪
IMGP4866.jpg
けど、駐車場の右横が国道で、しかも長〜い一直線・・・車中泊するには嫌な予感のシチュエーション。
喧しいかも。でも、もう動きたくない!お腹ペコペコやし、レストランへGOですw

で、駅のドアを開けたら、こんな笑顔のお出迎えでござんす(*´▽`*)アハハ
IMGP4863.jpg
ここって、ソーメンで有名な半田の隣町だったんですねえ。
この顔でうまいと言われちゃあ、買わずばなりますまい (^▽^;)土産しましたw

ここのレストランはオーダーストップが5時半と、遅くまでやってくれていて有難いです。
阿波尾鶏
旅の醍醐味は、その地の特産品を食すること♡♡ですから
頼むのは当然、阿波尾鶏の鉄板焼きセット1300円也。

「アワオドリ」ってネーミングセンスはさておき、この鶏は軍鶏と何やらを掛け合わせたものだそう。
ジュージュー音をたててるのを、2種類のタレで頂きます。

ウマい!!

・・・、間違いなく旨い!のですが、普通のブロイラーとどこが違うんだろう?なんて、
僕、罰当たりなことを考えていますよ。脂分が少ないのかな。

僕は所詮、「猫に小判」人間です、繊細な差異なんぞ分かろうはずがありません。不甲斐ないこって<(_ _)>

腹が膨れると、周囲を見回すくらいには元気が戻りまして、隣接の吉野川の河川敷。
夕暮れ時に戯れている人たち・・・なんかポエムを吐露したくなる光景でござんす。
IMGP4858.jpg

そして、まずいことに周辺地図に目が止まりましたよ (T_T;)
IMGP4865.jpg
近くに温泉があるのですよ。調べたら剣山の麓、たったの7.5km!!!

疲れ果てていても、欲望が勝ちます。行かずばなるまい。
薄暗くなってるのに、剣山向け走りました。男ってこんなもんですよね (〃^υ^〃) ヘヘヘ

剣山木綿麻温泉(つるぎさんゆうまおんせん)はまさに秘境の温泉でござんした。
IMGP4869.jpg
駐車場は車がいっぱい。流行っているようです。
こんな高山に囲まれた狭隘な谷間の地ですよ?
日の出なんて11時くらいになるんじゃないでしょうか。
これは期待が膨らみます。
IMGP4867.jpg
IMGP4871.jpg

入浴料は400円也。受付のおばちゃんも気さくで好印象。
施設は大浴場、薬湯、サウナ、露天(一人用)となっており、泉質は炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉とのこと。
無色・無臭・ちょいスベスベで、美人の湯と呼ばれているそうです。温泉に入った感はあります。

スベスベ度は僕のホームグランドながおか温泉と同程度でビックリするほどではありませんが、霊峰剣山を下りきったところにある秘境と、まるで幼稚園のプールと言ってもいいようなシンプルな湯船がマッチしてます。
IMG_1264.jpg 写真はお借りしました。

山登りのシーズンは、下って来た登山者でごった返すという情報がありましたけど、気持ちがわかります。
ここには、山男(女)の疲れを癒し緊張を解きほぐしてくれる素朴なシチュエーションがあるような感じ。

わざわざ来て良かったあ♪

さあ、とっぷり日が暮れて道の駅までの帰り道です。ドラレコの不鮮明な画像で恐縮ですが…
道縁に猫みたいなのが2匹いますよ。
子ダヌキ2
やっぱ、鬼太郎によると八百八狸の本拠地は阿波ですから、子ダヌキですかね。
子ダヌキ

子ダヌキ?を見かけて数分後、カーナビがしきりに左折を指示してきます。
一方通行橋1

進入禁止!だっちゅうに!しつこい! (*`^´)<怒怒怒

一方通行橋2
第一に来た道と違うがね。しかもメチャ道幅が狭いし。
このイクリプス製ナビ・・・常々バカだとは思っていましたが、タヌキに化かされた?

貞光夜

そんなこんなで道の駅貞光ゆうゆう館に帰り着いたのは8時前。
もちろん真っ暗。たくさんのお仲間が停車してます。

あとは、酒飲んで寝るだけ (⌒~⌒)
でも、来た当初に思った危惧が当たりました。
隣接している国道はなかなかに通行量の多い要衝でござんした(//∇//)


うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

お早うございます。

「戦(193)に行くよ(194)」
上手い語呂合わせですね!
ひょっとして・・・
ずっと前から狙っていてました?


No title

フッフッフッ。
おやじさん よくぞ見破りましたね♪

一人で山中を走ってますとやる事ないから、
妄念がコンコンと湧き出て来るんですよ(笑)

こんにちは!

自分の地域ではないので観光しているみたいな気分で見ています。
食べ物の写真も撮り方が上手!
食べたくなりました♪

No title

とおるさん コメントありがとうございます。

褒められますと木に登っちゃいます(笑)

実は、今だにレストランとかでカメラを構えるのって
人目が気になってwこそこそやってます。

コメントの投稿

非公開コメント