FC2ブログ

記事一覧

ある意味、この初日が最も衝撃的だったかもです。 九州の旅5/14

二年を費やしましたが今回の旅で、沖縄をのぞいて全ての都道府県を走破することができました。

日本一周を完結してみて、感想の一部を申し上げますと
北海道と九州(特に熊本&鹿児島の郊外)を走るときは老婆心ながら

「後方録画中」のシールを貼っておくことをおすすめしますです(⌒o⌒)v 

北海道については既に理由をカキコしてますけど、九州地区については追々つまびらかに(笑)
法定速度のプラス20km/h程度では後続車は満足してくれず、積極的に車間距離を詰めて来る方々が多いですねえ。
(両地域の方々にはお気に触るかもしれませんが、まあ実際の体験なんでお許しください。)

さて、5/14(月)の早朝に出発し、5時間近くかけて愛媛県の佐田岬にある三崎港に到着。
佐多4883

1時間程度の乗船で大分県の佐賀関に上陸を果たしました。四国内を走るので既に消耗してますがな(笑)

まず、佐賀関が近づくにつれて見えてくる日鉱佐賀関の大煙突の威容に圧倒されましたが
IMGP4891.jpg
上陸後、走っていたら方々に似た様な煙突が仰山あって、慣れた風景になってしまいました(笑) 

翌日にはどうしても戸次方面に、長宗我部信親公の墓地と戸次川古戦場跡を訪ねたいから、ひとまず海沿いに国道217号を南下しておりましたら、臼杵市内のど真ん中・国道沿いで臼杵城跡に出喰わしました。
IMGP4900.jpg
石垣も立派でなかなかに良い構図。さすが大友宗麟作じゃわいと感服しておりましたが、

IMGP4904.jpg
この角度になりますと、石垣じゃなくってセメント補強されてまして、雰囲気が…。
時間は非情ですねえ (>_<)

30分ほど南下を続けて目的地=津久見市の駅前です。宗麟さまがドンといらっしゃいますよ。
IMGP4910.jpg

ここで近頃有名なひゅうが丼を食したく、罷り越した次第ですが…店は?すぐ目の前に。この日は、お目当のお店が定休日だったから最も探しやすいお店に突入しました<(_ _)>

ひゅうが丼とは醤油ベースのゴマ風味タレに漬けたマグロをご飯にのせたもので、もともとは漁師飯とのこと。
IMGP4908.jpg
タレがご飯までシッカリかかる量で、醤油を足す必要のない味付けです。
美味しかったです(●⌒∇⌒●)
ただ、個人的にはご飯が柔らか過ぎて…。僕的にはもうちょっと硬めのご飯が好みなんですけど。

店のおばちゃんに言われた通りに、仕舞はお茶漬けにしてみましたら、絶品!旨ゃい!

ちなみに駅の横は大きな駐車場になっていて便利。
買い物すると割引があるらしく、僕のは10円でござんした(〃^υ^〃)
IMGP4911.jpg

さらに日向湾沿いを下ってゆきますと、港っぽいところの道端に黒い一軒家が。
IMGP4915.jpg
ハイ!ここが本日2番目の目的地塩湯です。
IMGP4917.jpg
どうです。看板からして素朴で、いかにも穴場って空気がありません?
ネットで探し当てたお風呂ですが、漁師さんが直営している食堂の海鮮丼なんて下のご飯が見えないほどドカンと刺身が乗ってるらしく、県外からもお客さんが一杯らしいですよ。

僕は満腹なんで、食事は必要ございません。いざ!入浴!天然海水風呂!
食堂のレジに500円を払い・・・ところが行列の客でごった返しており、僕のことなんか構ってくれませぬ(>_<)
やっとの思いでお金を受け取ってもらいまして、これが便所の扉…じゃなくって風呂入り口。
R0014528.jpg
家族風呂が大人気らしいのですけど、当方は当然に大風呂へ。

ここの浴室は全面が木。そして、ミネラルいっぱいの海水を沸かした風呂です。
だから温泉じゃないんだけど、これがなんとも気・持・ち・イ・イ・ー♪
R0014521.jpg
とても塩っぱくて、顔に付いたら目に沁み込んでくるほど。なのに肌にスベスベで乾いてもネチャつきません。湯温はヌルいのに汗がダラダラ出てくる…浮力のせいか浸かっていて楽チン。

露天もあって、前の海がこれまた絶景なんですわ♡
お客さんがいらっしゃったから写真はありませんけど、こんな海です。
IMGP4916.jpg
日によってはイルカが遊んでる光景を見られるらしいですよ!

R0014530.jpg
来た時には行列だった店もひと段落してますけど、まだ宮崎とか県外ナンバーがチョコチョコ入ってきてる人気スポットでした(月曜日だというのに)。

この日の宿泊地は佐伯市の道の駅やよい、15時に到着しました。

既にこの日の走行距離は270kmを越しており限界ということもあるけど、
翌日の予定地に程よい距離に位置していて、温泉を併設してますもん♪
というより、規模的には温泉施設に駅が付いてると言ったほうがよくて、入浴客がひっきりなしです。
IMGP4941.jpg

しかも大大駐車場で、置き場所さえ失敗しなければ喧しくない夜を過ごせます。
トイレが駐車場の隅端にあって、それがちょうど売店の入り口近くだから、遠慮して離れたところに駐車せざるを得ないのが難点だけど、Wi-Fiも結構強いしコンビニも隣接していて、車中泊適地としてはAランクに近いかもです。
IMGP4950.jpg
壁が汚れてますけどw内部は綺麗ですから(笑)

ここの風呂やよいの湯は天然温泉ではありません。カルシウム風呂とか薬湯とかでござんす。浴槽の種類も多くて退屈しませんけど、圧巻なのが死海の湯。そう、あの教科書によく出てくる死海でござんす。偶数日が男性の当たり日だったようでして、偶然にも体験できました \(*^▽^*)/

これは、イスラエルの死海から取り寄せた塩を使い、死海と同じ海水の10倍の塩分濃度にした湯で、美肌効果もあるらしい。気持ちいいからと不用意に身体を伸ばそうもんなら…足先からプカリ浮かんで、悲惨なことに(笑)
塩湯は目に沁みたけど、死海の湯は唇に沁みて痛いw

いずれも温泉じゃなかったけど
この日はいい体験ができました(〃^υ^〃)
風呂のお湯って、ただ井戸から出てくるみたいに湧出すりゃエイってもんじゃないですわ。温泉じゃなくっても、満足出来ましたぜよ!

ミンちゃん号を大型車コーナーからも風呂の出入り口からも等分に離れた僻地に停め、ビールを飲んで熟睡。初日はまあまあの滑り出しでしたm(_ _)m


うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

大変楽しく旅行記を読ませていただいており、九州旅行に気が高ぶります。

海鮮丼や特に死海の湯気にかかる所ですね。

No title

コウレイシャさん ありがとうございます。

この日は天気も良くていいドライブができました。
死海の湯は、まあ話に一度は…というところでしょうか。ホンマにプカプカ浮遊し過ぎて(笑)油断できないです。

こんばんは。

沖縄をのぞいて全ての都道府県を走破……、おめでとうございます。私は、電車でなら、すべての都道府県を訪れました。ただ、沖縄だけは飛行機を利用しました。

こんにちは!

塩湯
海岸線にそれらしい場所はあるけどここはいい雰囲気が感じとれますね!
誰もいなければ相方と入浴したくなります。

とおる

全ての府県泊

おはようございます。
自分もすべての都道府県での車中泊(沖縄除く)
したいと思っていますが、秋の旅で完成出来る
かもしれません。
北海道は、確かに普段走っていてプラス20キロ
で走る道(場所)がありますね(笑)。
現役時代はそんなことをしていましたが、今は
法定速度で走るのがゆったりとしていて好きです。

No title

yamashiro94さん ありがとうございます。

電車で、ですか。
僕にとっては途方も無いことのように
思われますけど、ルートどりとか楽しいでしょうね。

沖縄は残念ですけど断念です。
祖父が行ったことあるからお許し願おうかと(笑)

No title

とおるさん ありがとうございます。

塩湯は本当にいい所でした。
特に天気も良かったので、前の海がキレイでキレイで。
おそらく、家族風呂がすごい人気なのも
余人を交えずに、この風景とともにマッタリ出来るからだと思えます。

No title

たびいくひとさん ありがとうございます。

秋の旅が楽しみですね!
でも台風情報には十分に気をつけてくださいませ。

まあ、運転は道が広い地域の人は飛ばす傾向にあるようです。
僕もカーチェイスでなく観光をしに行ってるんで
殆どは道を譲っているんですけど。
いろいろ居りますねえ(笑)

No title

お早うございます。

塩湯も魅力的ですが、”どっさり乗った海鮮丼”が魅力的!
この前は知らなくて素通りしちゃっているけど、次の旅ではこっちを廻れそうなら組み入れようかな・・・

No title

還暦おやじさん こんにちわ

自分は食べていないので断言は出来ないですが
月曜日の午後2時前だというのに
人が長蛇しているということは、評判に偽り無しかもですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村