FC2ブログ

記事一覧

黒川温泉は広くて予習は絶対に必。九州の旅4日目その1

5/17 4時半には睡眠を断念 ()´д`()ゲッソリ・・・

本日の訪問先黒川温泉まで、道の駅小国からさほど時間がかからないため
8時頃まで駅の微弱なWi-Fiで遊んで時間を費やし、出発しました。

まずは黒川温泉観光案内所に寄って露天3カ所で使える入湯手形を1300円で購入。
IMGP5314.jpg
ココって、夜間にトイレを閉めていたらダメだけど、下手な道の駅よりも車中泊に適です♡

IMGP5315.jpg
手形は木製のにシールが3枚分貼ってあり、利用するたびに剥がしてもらう仕組みです。手形を使える館名の入ったMAPも一緒にもらって、いざ出陣。けど、このMAPが理解しづらくてw苦闘しました。

この日は小雨模様だったし車で回ろうと出たものの、メイン道路は道幅も広いけど、主に温泉館や土産物屋が立ち並ぶエリアは狭くて対向車との行き違いは無理、さらに観光客で溢れていて危ない。そしてお目当の館の駐車場は宿泊客や先客で満車。これは徒歩で回るのがベターと判断し、案内所に引っ返して無料駐車場にミンちゃん号を置いて出直しました。第一、車で回っては風情とか詳細が分かりませんわねえ。

黒川温泉は広いから、事前の研究が絶対必要です。

予習してない僕は手形3カ所を消化するのが精一杯になります。
まずは、いこい旅館にお邪魔しました。
IMGP5325.jpg
舘に入る前に度肝を抜かれます。

導入部分で、金かけてるわぁ!しかも入り口で温泉卵を蒸してるし!
IMGP5326.jpg
ちなみに、帰りに、ここで温泉卵を食べたったw

ここの露天風呂は混浴です。しかもなんかにランキングされてるとか。そして写真禁止。
確かに日本調の見事な露天で、竹林を配し塀で目隠しして、横を流れる川の堰から落ちる水音も風情に取り込む細心さ。2段に別れた浴槽もカッコいい。湯温はヌル目で、混浴ということもあってか脱衣所を始め、非常に薄暗くなってる。特筆すべきは効能に「ヒステリーに効く」ってあったけど…嘘でしょ!?ホンマなら夫婦喧嘩の時用にボトルに汲んで持って帰るんだけどw ちょこっと硫黄臭のある湯でござんした。
言い忘れてましたが、ここの混浴も僕の貸切りでしたから、ご安心を(^▽^;) 従業員の方の愛想の良さは抜群!気分良く次に転進させてもらいました。感謝。

手形を買ったもんで、3カ所行かんといかんて強迫観念にかられ、間も空けず突入したのがここ新明舘
IMGP5353.jpg
見るからにカッコいい旅館です。
IMGP5352.jpg
こんな川沿いの、アパートみたいな通路を通って温泉に向かいますと
IMGP5335.jpg
こんなのとか
IMGP5338.jpg
こんなのとか
IMGP5341.jpg
いろいろあって、まずはいっちゃん奥にある岩戸風呂に行ってみました。
IMGP5347.jpg
岩壁を活かしたレイアウトでござんす。

岩石下で入浴し、傍らを流れる川との段差は精々1m?なかなかに乙な
IMGP5346.jpg

手前にあった洞窟風呂にも行って見なければ・・・
しかし、あんな衆人環視の渡り廊下みたいなところを素っ裸で行くわけにもいかんでしょねえ(//∇//)
IMGP5350.jpg

で、わざわざ服を着て(上着だけ)、洞窟に行きましたところ、先客に女性が入っているようで
「入ってます!」との厳しいお言葉。混浴ですから、女性が入っていても全然不思議じゃないんですけどw
まあ、僕はSじゃないんで(笑)諦めて、また岩戸風呂に戻って下着を着けて転進しました(〝⌒∇⌒〝)
おかげでパンツが湿気ったやんか(*`^´)<怒(笑)

最後はいやしの里 樹やしきさんです。
寝不足なこともあるし、結構にフラフラでしたけど、山奥へ分け入りましたよ。
ここも露天は混浴ですけど、こんな山奥まで女性がわざわざ、なはず・・・ない!安心とともにガッカリ?

本館で手続きし、こんなところに入り込むわけですわ。
IMGP5365.jpg
さらに、これですよ!ちょっと不安にw
IMGP5367.jpg
たどり着いた先には、簡単な下駄箱が。もうちょっと豪華でもいいのに。
IMGP5369.jpg

で、熱い内湯の先には、お金と知恵を捻ったお風呂がありました。
IMGP5370.jpg

壁を隔てて女性の声が聞こえたので、写真はありません。でも、ここの混浴露天はナチュラルで良かったです。
周囲を紅葉の木で囲まれ、見える青空はまさに肩こり解消の絶景。硫黄臭はここが一番強かったです。
打たせ湯とかもあるけど、もし女性と同浴になっても自然に浸かってられるようなシチュエーションでした。
でも、こんな山奥まで来て、混浴する女性はいないでしょうけどね。

結局、混浴には5カ所入りましたが、全敗に終わりましてホッとしてます(>_<。。)
普通の露天と違って、混浴はデザインに知恵を絞ってますねえ。風情が数段上でした。

繰り返しますけど
黒川温泉は広かったです (>_<)予習が絶対に必要です。

●まず駐車場を確認しておくべきでしょうかねえ。
IMGP5357.jpg
今だに、一般駐車場とお客様駐車場の差異がわかりません。
そして温泉郷内に数カ所ある無料駐車場の位置を知ってると随分と行動が楽になります。

●入湯手形を購入する前にちょっと待て。共同浴場が2カ所もあるのですぜ。
歩いていて目にとまりました。駐車場の下、川のほとりです。
IMGP5321.jpg
地味で、今にも流されて無くなりそうで。すっごい僕好み!
IMGP5334.jpg
100円で、入れるもんなら入ってみろ!って感じがすごくいい!地元の方々が大切にしてるのが分かります。

まだありましたよ。地蔵湯。200円也。
IMGP5354.jpg

僕は贅を尽くした浴場よりも、こういう地元の方が使ってる普通のが好きなんですよね。
でも研究不足で・・・こんな有名温泉郷に共同浴場が存在してるとは想像も出来ず、この日は完敗です。

さらに寝不足もあり頭がボーっとして、ミンちゃん号をバックさせる時に
バンパーを岩石にぶつけてしまいました。

時刻はまだ11時45分、かなり意気消沈して転進。


うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!

黒川温泉
憧れる場所ですよね~♪
10年位前に混浴巡りした事ありますがどこにどの宿があるかは事前にチェックした覚えがあります。
また行きたくなりました!
混浴ではどんどん入って和気あいあいしたいですね♪

No title

お早うございます。
黒川温泉名物の共同浴場”穴湯”に入れなかったのは残念だったねぇ~・・・
そのぶん、立派なお風呂で楽しんでるから、これはこれで羨ましいけど、「最大の目的」が達成できなかったのはチョッと心残りかな?(笑)

No title

とおるさん ありがとうございます。

黒川温泉は有名なだけあって、どこも風流なつくりですねえ。
僕なんぞには勿体なかった(笑)

ドキドキしながらも全て空振りで、実はホッとしたのですけど、もし同浴なんてことになってたら和気藹々になるのは間違いないですね。
そんなにつくりの温泉でした。

No title

おやじさん ありがとうございます。

共同浴場の風情が好きなのに、見逃しの三振とは口惜しかったですw
いっぱい東洋系外国の方が来ていたけど、この楽しみは日本人しか分かるまい!などと思ってみたりして。


混浴も幸いに?空振りでしたが、どんなもんかが分かったし満足です。それにしても穴湯は残念無念。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村