FC2ブログ

記事一覧

別府・地獄原温泉〜りゅうきゅう丼、国東半島へ。九州の旅5日目(1)

昨日の朝、部屋が微妙に揺れたと思ったら大阪震度6弱の報で、娘はどうだろかい?と心配しましたけど、大揺れとはいえ無事とのことで一安心。大阪にお住まいの方は、古い看板なんて取り付けが切れかかりで落下の恐れ大ですから、頭上にもどうぞお気を付け下さいませ。

さて、
5/18(金)曇り 9時前にホテル・スマートスリープスをチェックアウト

防音は致し方ないけど、キャビンホテルというものの寝心地は悪いものではありませんで、カプセルホテルより数段上でした。枕が変わると寝られないという年甲斐もない神経質さで熟睡は出来なかったのですけど、久し振りに伸び伸びと寝返りをうてました(笑)

この日から大分県を北上し、福岡県を目指す算段です。
まずは隣町の別府市へ。ここへ来たのはこれで4度目になるので長居は避け、
一発入浴してサッと出発しようかと。

大分市から別府市へは、海岸沿いの産業道路を快走できました。
天気が良ければさぞ綺麗な海だったのでしょうが、海上には濃いガスが立ち込めており何も見えず。
残念でござんした (>_<。。)

普通にこんな風景が転がっているのが、別府ですよねえ♪
IMGP5411.jpg
目標は鉄輪温泉の共同浴場地獄原温泉(じごくばるおんせん)でござんす。
理由?単に名前が気に入った<(_ _)> のと、共同浴場が好きですもん。

入り口は一目瞭然。こういうところは親切です。普通の観光客はひょうたん温泉に行くのでしょうけど・・・立派な温泉は昨日の黒川温泉で食傷気味でして。
IMGP5410.jpg
地区で無料駐車場を設置してくれてるし至れり尽くせり、有難いです。
IMGP5388.jpg

駐車場に着いたのがまだ10時前。ここは地区の道端のあちこちで湯気が立ち上っていて楽しい。

地獄原温泉の位置はわからないけど、周囲をぐるり見渡しますと
僕に、こっちおいで!って呼んでるような路地がありますがな (>^O^)>☆
IMGP5389.jpg
いでゆ坂・・・なんてシンプルで分かりやすいお名前でしょう。しかも石畳ですがね。当然登ってゆきます。

ありました!お地蔵さん?も居てらっしゃいます。
IMGP5392.jpg
入浴料100円をお賽銭箱みたいなのに入れ、お地蔵さんに手を合わせ入らせてもらいました。

ここは、地域の方が管理されている温泉。なんたって、朝の6時半から21時まで開いているんですよ。
生半可なことでは毎日毎日管理して早朝から開け続けるなんて出来ません。頭が下がりますです。
IMGP5402.jpg

中は、2m×3mくらいの湯船と脱衣棚というシンプルさ。脱いで、浸かって、身体洗って、に必要な設備のみ。
写真では汚そうに見えるかもですが、これは温泉成分で変色したもので、清潔に管理されておりますよ。
IMGP5401.jpg
とはいえ、昨夜のホテルといい、このお風呂といい、嫁さんと同行してたら絶対に不可でしょうねえ。一人旅ならではの、なんでもOKやってまえ!の世界です♥

これで、だれか入浴仲間がいれくれたら最高だったんですけどね、ここも僕の貸し切り。こんだけ孤独な入浴が続きますと、俺って人として普通の生活を営んでないんじゃ?なんて落ち込み気味になったりしまして(笑)

無色・無臭・ヌルなしで、僕にはちょっと熱い気味の適温で肌当たりが優しい。

汗が止まらん!どうしよう?
拭いても拭いても、汗が吹き出して止まりませぬw 困ってたら頭上に扇風機がありましたよ。助かった!
こんな、地域の人に愛されてる感ありありの温泉は気持ちまで温かくなります。
あらためて管理されてる方々に敬服。大変に感謝です。

さて、外に出ますと銀座通りなる表記がありましたが
IMGP5405.jpg

こっち?
IMGP5404.jpg
それとも、こっち?
IMGP5406.jpg

気持ち的には上のような気がしますけど、杭の位置的には下のような。
いずれにしろ、名前の方が勝っていると思いますけど(●⌒∇⌒●) 散策させていただきました。

次に突撃したのが、昨夜食べそびれたりゅうきゅう丼を食べたくて…やっぱ、漬けの刺身はアツアツのご飯の上に乗っけて食べたいですもんね♪、

ネットで探してやっと訪ね当てたのがココ 海鮮いづつさん
IMGP5415.jpg
商店街の中にあるお店で、11時半に着いたというのに店内はもう既に満席。
僕が食事で順番待ちするなんて!我ながら記憶に無いんですけどww りゅうきゅう丼のためなら。

ちなみに、こちらもこの日は関サバがないとか。もう、関ブランドのアジとかサバとかは幻になってて、客寄せパンダで言葉だけ残ってるんじゃないかい?などと「気兼ね者」とも思えない穿ったことを考えていたら順番が来ました\(^o^)/

やったー \(*^▽^*)/ 海鮮丼定食1,058円也
IMGP5418.jpg
津久見市のひゅうが丼はゴマだれで、タレの量がご飯に染み込む程度に多かったんだけど、こっちのは醤油ベースでタレは刺身に付いてるだけのイメージ。だから最後の方は醤油を足して食べましたけど、新鮮な魚のヅケはあったかいご飯に合いますね。満腹満足ごちそうさま。


時間はまだ12時半になっておりません。この後は、杵築城(きつきじょう)跡を左手に望みながら
IMGP5420.jpg
国東半島を周って、宇佐神宮に参拝し道の駅なかつを目指すのですが、長くなりますんで次回にさせてくださいませ。

ちなみに蛇足をカキコさせていただきますと、この杵築城は写真の角度だとカッコいいのですが
反対の川?海?方向から見ますと足元の山肌がコンクリートになってまして(>_<。。)
災害には勝てませんから致し方ないですけど、痛ましい風景でした。

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村