FC2ブログ

記事一覧

元祖元湯で茹でタコ寸前、道の駅吉野ヶ里で震える夜。九州の旅6日目(2)

太宰府天満宮を出て、玄界灘の二見ヶ浦海岸の夕日が人気ということで行ってみることに。
ただし、近くに道の駅がないから夕日を拝める時刻まで滞在できませんけど。

ところが道が混んでて、前に進みませんがね。
退屈やし、近くに温泉はないやろか?検索してみるとありましたよ。
元祖元湯ですって!常々「元湯」って言葉に弱い僕。

口コミでは「福岡市の街中に温泉があるなんて驚き」とか「ボロいし熱いし高評価なカキコが多いのが理解できない。湯質がいいのは認めるけど」とかありました。なんか不安やけどおもしろそう。

えっ!?こんなところに?
IMGP5595.jpg

ホンマに住宅街の中、民家じゃないですか。
とはいえ、駐車場は構えてくれてます。

IMG_20180519_143815.jpg
う〜ん。袖看板が付いてるし、よう分からんけど由来みたいなことも書かれてる。
けど、温泉館の空気が漂ってませんがねw

まあ、前に建ってる碑には
IMG_20180519_143802.jpg
「泉源 博多温泉」てあるし、入って行ってもいいんでしょうね!?

敷地内に踏み入れてみて、ますます……お地蔵さんですよ。
元祖元湯03
写真はお借りしました。

ガラガラガラ=引き戸だったと思います (^▽^;)
「お風呂に入らせてもらいたいのですが・・・」
「600円です」


何も問題ございませんでした(〃ノ∇ノ)
入浴料は時間帯で異なるシステムで、僕は最も高額な頃合いに入ったようです。

ここで大チョンボを犯してしまいます(-_-|||)
入り口が、目線の高さでは分かりづらい形状で、開けたのが女湯の戸・・・。
当方は気兼ね者でして、覗き者のレッテルを貼られるのは御免でござんす。
幸いにも無人で事なきを得ましたが、焦ったあ!m(_ _;)m 

内はシンプルを超越してますがね。波型のポリでできたトタンで仕切っただけ。
元祖元湯2
写真はお借りしました。

戦後の焼け野原に建てたお風呂って、こんなイメージやろか?
しょうもないことを考えながら浴室に入りましたら、地元の常連さんがお二人。ちょうど出かかっているところです。

元祖元湯1
写真はお借りしました。

ご覧のように、1.5m角の二人も入れば満員の湯船と洗い場です。
シャンプー、石鹸も備え付け無しのシンプルさ。
こういうのも野趣があって、たまにはいいなあなんて思いながら、かぶり湯をちょこっと・・・

アッチッチ!熱い!ε=(。・`ω´・。) こじゃんと熱い!!

杖立温泉も熱かったが、ここもスゴイ。あとで調べたら源泉が49度くらいだそうです。
浴槽を見れば分かりますけど、水なんぞ入れてませんからおそらく45度前後じゃないかと言われております。
根性決めても、浸かっていられるのは精々1分。

でも、不思議なことに2度3度と短入浴を繰り返すうち快感になりましてw気持ちいいんですよ。
無色無臭、少し塩っぱくて、ちょいヌルの泉質。口コミで高評価なのも頷けます。
汗をダラダラかきながらヘロヘロになって出ました。入浴1秒につき5円くらいの単価だったかも(笑)

今回の旅で、忘れようにも忘れられない温泉でした。感謝。

二見ヶ浦海岸にはたくさんの若者が集まって来ていました。外国の方もぎょうさんレンタカーで来てます。
IMGP5602.jpg
やっぱり若い人が海岸でたわむれてる図って絵になります。おんちゃんではこうはいかんですw

夕日の写真は無理だけど、せめて煌めいてるのでもと頑張ってみましたが、
IMGP5615.jpg
ただの白色面になってまったw実際はキレイなんですけどね。

IMGP5618.jpg
ここって、ビューポイントは多いんだけど、車を停められそうな場所が少ない。
IMGP5621.jpg
公園でもあれば泊する気満々だったけど、夜間はチェーンされるとのことで、断念して転進せざるを得ず。
近辺に適地はなく、遠いけど有料道路を使って佐賀県の道の駅吉野ヶ里まで突っ走りました。

結構な山越えの末にたどり着いた、福岡との県境にある標高320mの道の駅です。
IMGP5629.jpg
景色のいい所らしいですが、着いたのが7時前で薄暗く店も営業終了後。

そしてなによりも、台風並みの強風が荒れ狂ってます。

写真では分かりづらいでしょうが木の枝は吹き荒ばれ、車もドアを開けたら軽いものは吹き飛ばされる始末。
因みに中津市で買った唐揚げは飛んで行ってしまい、しばらく不明でござんした。
IMGP5631.jpg
風が車をドンと叩くたびに大きく揺れ、倒れることはないにしても、かなりな心地悪さを間断なく味わえました。
それに寒かったし。テレビでよくやってる、吹雪時に山小屋に退避した時のような気分(('゚;Д,゚、.))

当初は4台いた車中泊仲間も1台去り…もう一台と。一時は僕だけになって腹を括りましたけど、翌朝は2台いらっしゃいました。だって、暗い夜に転進しようたって近隣に適地は無かったから、じっと我慢が得策かと。

翌朝は快晴で、荒天一過に見えますけど、前夜よりはマシなだけで、まだ強風は治っておりません。
IMGP5639.jpg
佐賀平野を一望に、普賢岳まで見通せるとか。素晴らしい眺望です。
IMGP5635.jpg

そして、清水が無料!
IMGP5642.jpg
朝早くからポリに天然水を汲みに来てる方が多数ですよ。僕も、ペットボトルに頂いて出発しました。
IMGP5641.jpg

この日は平野部も強風で、この駅が殊更に強風の名所ということではないようです。
Wi-Fiも弱いしトイレもシャワーじゃなかったけど、ゴミ箱を設置してくれてる優しい駅でした。
感謝してます。

本日の走行距離:214km  入浴:1温泉
入浴回数は人並みになったけど、寝不足で200㎞超の運転は長旅では避けないと

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント