FC2ブログ

記事一覧

僕でも身が引き締まる「田原坂公園」 激戦跡 九州14日目(1)

5/27(日) 熊本市・道の駅すいかの里植木 快晴
ここは営業時間外もWi-Fiを使用可能にしてくれているので、朝から近辺の観光情報をスマホ検索したところ
同じ植木町内に西南の役跡として有名な田原坂があります。今日の予定が決まりました。

それにしてもこの道の駅すいかの里植木さんには感謝です。駐車場は大型車コーナーを建物裏の隅に配し、国道からも少し距離があって通過音もさほど気にならず安眠できました。トイレもキレイでもちろんシャワー付き。さらにゴミ箱も設置してくれてる心優しさです。
これに甘えて横着にならないよう、感謝しながらゴミ捨てさせていただきましたm(_ _)m 近所にはコンビニ、酒屋、ドラッグストアがあり利便性も極上の施設でござんした。

IMGP6476.jpg

居心地がよくて名残惜しかったですが(笑)、田原坂公園に向け出発。
あまりに至近で、しかも道がいいからすぐ到着してしまった。


〜田原坂公園〜
IMGP6516.jpg

広い無料駐車場があって、向こうに公園入口らしき門が見えております。
まだ9時前だというのに、僕以外にもお客さんがパラパラいてます。

IMGP6480.jpg

まず最初に驚かされるのがこの激戦時の弾痕の残る家。生生しいなと思って見ていたけど、銃弾がめり込んだ小さな穴が無いなあ、と訝しんでいたら「復元」したものでした。そりゃそうですよね。

IMGP6482.jpg

実際の銃痕を目にしたい方は、鹿児島市の城山の石垣にありましたよ。
平和な時代に生まれて良かったです。

写真で見ても生々しい。こんな銃弾が飛び交う中を突撃したのでしょうかね(('゚;Д,゚、.))ガクガク
IMGP6511.jpg

激戦跡が自然歩道ですか・・・なんか歩くの重たい気がしますけど、現在この公園は桜やツツジの名所として春は大賑わいらしいですから考えすぎないことにしまして、峠の頂上にたどり着きました。。
IMGP6500.jpg

美少年の像というそうです。礎石には「この美少年の像は西南の役田原坂の戦いで散った若者たちすべての象徴である 平成二年十月建立 植木町」と刻んであります。

なんで?平成二年にもなってこんなものを取ってつけたように建立したんですかねえ。
テレビドラマの田原坂の放映が1957年12月30・31日で、建立が約三年後・・・放送後に予算どりして取り掛かっていたらこんなもんですか (・_・)
IMGP6497.jpg

それはさておき、この大楠の元に立つ美少年の像はないがしろに出来ない存在感はありました。
IMGP6496.jpg

そして下ったところに西南戦争全体の慰霊塔があり、その大きさと刻まれた戦死者数に圧倒されます。
犠牲者1万4千人以上?その空気の重さには、さすがに写真に収める気分にはなりません。
この大きな慰霊塔を見てなお、この公園が心霊スポットとして噂されてるらしいことに納得。
暗くなってからは近づきたくないですよ(;^◇^;)ゝ


そうこうしてるうちに田原坂西南戦争資料館の開館時間となり、入館料300円也で即突入。
IMGP6514.jpg

たくさんの資料が展示されておりますが、当方は至って俗物なんでサラッと通り過ぎ<(_ _)>
IMGP6506.jpg IMGP6507.jpg

せいぜいがあの児玉源太郎も熊本鎮台におったんかあってくらいの感想でして、貴重な資料に対し罰当たりも甚だしいですけどご勘弁。
IMGP6513.jpg

俗物にはこんなのがお似合いですわ (^▽^;)
IMGP6484.jpg
最近の腹回りの肥大を思えば西郷さんに親近感を覚えますけど、やっぱ郷土の先人をたてませんとねw

次回、煽り運転されながら通潤橋ヘ向かうに続きます。


うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
自分本位にならず・旅先の施設や他人様に気兼ねすることを忘れず、迷惑な旅人にだけはなるまいと銘じている無職者です。同期はまだ在職してるってのに(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村