FC2ブログ

記事一覧

えびの高原から霧島温泉郷ー孤独な車中泊 九州17日目

5/30(水) 道の駅錦 くもり
車中泊仲間は2台。前面の国道219号が予想に反して夜半の通行量が少なく、また大型車も早々に立ち去ったため静かな夜を過ごせました。いつもこうとは限らないでしょうし、Wi-Fiは営業終了後は使えず、シャワートイレは壊れていたから車中泊適地としてはBランクですが
IMGP6906.jpg

くらんど公園には早朝からジョギングする方が多くきていて、ここは地元の人に愛されてる施設のようです。
そして休憩所がGOODなんです。昔の小さな駅にあったような奴で、4面の壁沿いが座れる椅子仕様になってて、壁には案内ポスターなんか貼ってある。公園でジョギングした人たちが利用できるよう集会所イメージで作ってるんでしょうかね、弁当食べるのに落ち着きますw横には水道の蛇口があって手や顔も洗えるし。

この日は宮崎県えびの市に入って、えびの高原経由で霧島温泉郷に行く計画。
まずは道の駅えびのを目指し国道221号を走ります。
途中から田舎道になっていて、これ独特の香りがしたから栗の木かと思いますが、道沿いのどこかしこで咲き誇って目を楽しませてくれました。
IMGP6922.jpg

並行して九州自動車道が通ってるから、山間部に入るとこの国道の通行量は少なく、信号もほとんど無かった記憶があります。だから皆さんメチャ飛ばしてますわ。道も知ってるし。
油断してたら車間距離を詰められピッタリ張り付かれて、数日前のように激怒するはめになるから、全ての方に追い越して行ってもらいました<(_ _)> 

高所は嫌なので脇目はふらないようにしてたけど、いい眺めがあったりして
IMGP6927.jpg

道の駅えびのに到着したのはなんと8:55分!メチャ早です。錦町からたったの29kmだったんですね。
IMGP6933.jpg

通ってきた山を眺めれば、えびのループ橋が見えてます。
高所恐怖症の僕には片方が断崖絶壁で酷な道。今更ながら足が震える (('゚;Д,゚、.))ガクブル
IMGP6931.jpg

さてこの道の駅えびのですが・・・新しくて広くて、車中泊適地としてはAランクです。
駐車場の両隅はこんな感じで大型車と住み分けできて、国道からは脇に入り込んでいて喧しくない。
IMGP6932.jpg

IMGP6937.jpg

もちろんトイレはキレイでシャワー付き、直売店も惣菜から酒、木工品などなど賑々しい
IMGP6941.jpg
自衛隊のアンテナショップもあって
IMGP6940.jpg
牛肉も売ってる。それにしても九州の肉牛って、どこもかしこも日本一だらけ(笑)
IMGP6934.jpg

肉は高いし保管できないし、僕はこっちの方をいただきました。限定品に弱くてw
IMGP6947.jpgIMGP6948.jpg

島津義弘さんが出入り口で目を光らしているから、車中泊は安心かも。
IMGP6929.jpg

本当はレストランで宮崎牛を食したかったのですが、開店まで1時間以上もあり断念して
駅の情報板の口車に乗り、4.5km先の京町温泉へと向かいました。
宮崎県随一の温泉街とあったけど、あまり期待もしてなかったから手近な十兵衛の湯へと。
でもまさかこんなバイパス沿いに温泉がノホホンとあろうとは…見落とした。
IMGP6951.jpg

IMGP6949.jpg
十兵衛の湯はなかなかにでっかい温泉館で、熱い内湯(2×6mくらい)とヌルめの露天に蒸し風呂があって、カルシウムを多く含んでおり飲用禁止の注意書きがありました。泉質はほぼ無色・無臭・サラ系。

ココはうどん屋さんを併設しており、昼食もついでに。
IMGP6959.jpg
体は湯上りの生ビールを欲していたけど、ひとり旅の悲しさ、必死に我慢。



〜えびの高原〜
ここからはえびの高原へと山を登ってゆきます。大嫌いな高所の道だけど、幸いに樹木が下界を遮ってくれなんとか辿りつけました。途中の山間から吹き出してる白煙を見ると、噴火が茶飯事の新燃岳が近いと思い知ります。
IMGP6963.jpg

IMGP6965.jpg

えびの高原でまずしたことといえば、また温泉 (^▽^;)
IMGP6975.jpg
国民宿舎えびの高原荘の日帰り温泉520円也。
ここも僕の貸切状態。こんな広くて立派な風呂場に一人は、少し寂しい。
PH6.57、無色橙名無味と成分表にはありましたが、黄色っぽいような。肌さわりはサラ系で、鉄の臭いがしたけど消毒臭かな?

晴れ間も出てきたところで、いよいよ霧島市に突入です。
えびの高原には道路が何本か交差してるけど、2本くらいが通行禁止になってたみたい。
もちろん頂へと向かうのはバツ。で、写真をパシャッと。
IMGP6979.jpg
IMGP6985.jpg
どれが韓国岳とか知らないし。霧島連山の知識もないけど、ツツジはキレイでした。

ミヤマキリシマっていうのですかね。ひとつの花びらは小さいけど密集していっぱいあるから見ごたえがあります。
IMGP6990.jpg

IMGP7000.jpg

さあ、この道を下って1時間も行けば霧島市です。
IMGP6995.jpg



〜霧島温泉郷〜
温泉郷に近づくにつれ、道脇で普通に白煙を見かけるようになってきて
IMGP7007.jpg IMGP7012.jpg

道の駅霧島に2時到着。時間もあるし、環境把握をすることにします。
IMGP7020.jpg

入ってすぐに公衆トイレと駐車場がありますけど、ただの小休憩所にしかみえません。
IMGP7036.jpg
左手の道を上がると、最初は道の駅の裏手の駐車場へ、さらに上へ行くと
どんぐり村・神話の里公園へと行き着きます。
IMGP7026.jpg
ここは5時過ぎには駐車場も閉鎖して無人になるとのこと。
IMGP7030.jpg

道の駅の国道側駐車場。ここでは車中泊は無理です。
IMGP7041.jpg

駅の裏側駐車場。常夜灯が無さそうで、トイレもないからここも車中泊は無理。
下の公衆トイレまでは遠いし、この駅周辺は5時を回ったら周辺は全くの無人で夜間は不用心かと思われます。
IMGP7039.jpg

結局は公衆トイレ前で車中泊をするしかないのですけど、すごく寂しいシチュエーション。なんかあっても助けがくるとは考えられず、車泊仲間がいれば問題ないけど1台だけだと身の危険を感じちゃいます。

ほかに車中泊できる場所はないの?
食料の買い出しついでに探したら、
あった!霧島高原国民休養地

オートキャンプが出来るんだって\(*^▽^*)/
150415_1024_768.jpg
※写真はお借りしました。
行ってみたら、それはそれは広大なキャンプ場でした。が、人っ子ひとりいない!ここも休業日かよ。
もう腹を決めるしかなく、こうなればとびっきりの温泉に入っちゃる!
行ったのは霧島国際ホテル

IMGP7033.jpg

格式が高そうなホテルでしたよ。フロントで千円也。
IMGP7035.jpg
入浴料の元を取ろうと頑張ったけど、やっぱギリ30分が限界w
けど満足できる温泉でしたよ。内湯は白と赤いのと2種類の湯(タイルの色かも)。

感激なのが2種類の露天源泉。自然自噴の硫黄臭のする白い湯とホテル下から湧出する透明の湯があって
いずれも湯の花が沢山沢山湯船を泳ぎ回ってますがね!
しかもその注ぎ口には湯の花の集積体が垂れ下がっていて、まるで藻が生えてるみたい。

高い入浴料でしたが入って良かった!

20分ほどかけて道の駅に帰り、薄暗くなって周囲に人の気配がしないなか車内どんでんをし
チビチビと酒を飲んで気を大きくして過ごしました(笑)
たまに車両通過音がしたけど、静寂の孤独な車中泊は心細い(^▽^;)

IMGP7036.jpg

11時を回ったあたりでお仲間が1台やってきて、やっとひと安心しました。
ここ、当然にWi-Fiは届かないし、シャワートイレなんぞあるはずない。
人目が皆無の場所はあまりオススメしません。車中泊適地Cランクで。
ああ、怖かった。

本日の走行:100km 入浴:3温泉

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

こんにちは!
全く見知らぬ土地柄なので見ていて楽しくなります。
九州への旅ではこのブログ情報を活用させて頂きます!
とおる

No title

とおるさん ありがとうございます。

僕もここら辺は全くの見知らぬ土地で
独り弥次喜多やって来ましたけど、見知らぬ土地は新鮮でいいですね。
ぜひ、時期を見て九州へ行ってみてください。

コメントの投稿

非公開コメント