FC2ブログ

記事一覧

希少な泉質にビックリ。行って良かった紫尾温泉 九州19日目(2)

今でも不思議なのですが、あれほども素晴らしいお湯なのに
何故に、知る人ぞ知るレベルの知名度で止まっているんだろう?

僕は他人に物を勧められるほども自分に自信を持てない人間なのですが、
この紫尾(しび)温泉は自信もってオススメできます。
ちょいと交通の便に恵まれない山間部に入り込んでますけど、わざわざ行って損はありません。
決してガセじゃないです。

硫黄臭がして且つヌルヌルの泉質なんて滅多にないです。
熊本県の平山温泉も同様でしたけど、ヌルヌルはこっちの方が上かと思われ。
しかも由緒ある神社の下が源泉だと言うのですから、文字通り「神の湯」ですね。

僕がこの温泉を知ったのは、じゃらんのアプリでエリア検索したら偶然出て来たからです。温泉ガイドブックにも記事が載っておらず無名(失礼)だけど、口コミを見たら評価がめちゃ高い。しかも曽木の滝から1時間も掛からないし、一も二もなくやって来たというわけです。

源泉が湧出してる紫尾神社
IMGP7362.jpg

こんな田舎の小さな山里の神社なんて、只の氏神様だろうと気軽に参拝しましたら、厳粛な気が漂う立派な境内。1500年前に建立されたといい、今でも初詣に1万人もの参拝があるとか。由緒ある神社でしたm(_ _)m

IMGP7357-1.jpg
見ることは出来ませんけど、ちょうどこのお賽銭箱の下あたりが源泉が湧出している場所だそうです。

位置的には、この社殿の右手が共同浴場の「神の湯」で、社殿横をまっすぐ進むと神社と温泉で共有する50台可能の駐車場に行き当たります。

まずは「ちどり荘」の岩風呂にお邪魔しました。
実は、この村落に到着して最初に目に入ったのが、温泉街の入り口じゃなくてこの「ちどり荘」さんの看板
IMGP7351.jpg

この温泉地に日帰り温泉が何件あるかとか詳細は全く知りませんから、目に入ったところから突入するのがベターかと。この家庭的な雰囲気のするお宿なら敷居も高くないだろうと突入。
IMGP7353.jpg
女性に300円を払い入らせていただきました。
熊本から来られてた先客さんと入れ違いになって、今回も貸切状態になっちゃった。

浴室の戸を開けると硫黄の臭いがプ〜ンとしてきます。
浴槽は5人も入ればいっぱいかと思われる内湯と、2人くらいの露天です。
chidori_uchiyu.jpgchidori_roten.jpg
内湯は熱いけど、露天はややぬる目で浸かりやすい。 (※内湯・露天の写真はお借りしました。)

湯色は無色透明でしたが、口コミによると日によって白っぽくなったり変化することがあるそうな。
そしてヌルヌルしてる。水素イオン濃度(PH)は9.4のアルカリ性単純硫黄泉。
とにかく肌触りが優しくてトロトロのお湯で、ツルツルスベスベしてくるような感じ。

硫黄臭とヌルヌルが、それぞれこんなに高レベルな温泉は希少ではないかと、乏しい経験で確信しました。ホンマにいい湯。温泉に入った感を満喫できました!大満足(v^-^v)♪


満足はしたものの、温泉街をまだ見ておらず、これで「紫尾温泉に行ってきたぜよ」と他人様に吹聴するのはおこがましい。ので、駐車場に車を移動しチラッと通りを覗いてみました。
IMGP7364.jpg IMGP7358.jpg

小さな温泉旅館が点在する通りで、「ひなびた」と形容するべきでしょうか。ともかく、静かでゴチャついておりません。
その一角にあるのが共同浴場紫尾温泉神の湯です。
IMGP7356.jpg

泉質は源泉が一つですから当然に「ちどり荘」と同じ。
これでまた入浴するなんて阿呆じゃなかろうかと思いつつ、突入しました (*´▽`*)阿呆です。

こちらは200円也。浴槽は大小の内湯のみ。贅沢な設備はありません。
飲用の温泉水もありましたよ。

いや〜。いいお湯は何度入っても飽きませんわ(^▽^;)アハハ
gsibio017.jpg
※写真はお借りしました。

入浴後に温泉の親父さんと話ししていて、僕が遠方から来たと知ると「PRしておいて下さいよ」と2度も念押しされまして。それでここを褒めているのではありませんけど、こんなにいい温泉なのに、何故に有名じゃないのか?冒頭の通り、不思議に思っている次第です。

でもまあ、もし僕が九州に住んでいて時々ここを訪れることが出来る環境だったら、他人には教えず自分だけの隠れ家みたいに残しておきたい、と思うかもしれませんね。のんびりとくつろげるこの場所をたくさんの観光客と分け合うのが惜しいかも。

しかし僕はもうお伺いできる機会はないだろうから、声を大にして再度PRしておきます(〝⌒∇⌒〝)
鹿児島県薩摩郡さつま町の紫尾山の麓にある小さな里ですが

紫尾温泉神の湯は気持ちいいですよ〜♪
オススメです(v^ー゚) 



うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは~!

「ちどり荘」の岩風呂で満足したけど、温泉街を見にって今度は共同浴場ですか!
いやはや・・・、どれだけ温泉が好きなのか・・・
っていうか・・・
湯疲れしないマイヤーさんの強靭な肉体に拍手です\(^o^)/

No title

おやじさん こんばんわ。

ホンマにこの入浴は蛇足でしたw
でも、店構えを見てしまったら虫が疼きまして、欲望に抗い難く。

おかげさまでヨレヨレになって、道端で仮眠を10分とか…よくやってました。
でも、こんだけ無闇に入っても、かなりスルーしてますんで(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村