FC2ブログ

記事一覧

台風には勝てませぬ。帰還へと超特急。

スマホの調子が悪かったんで、情報遅れ者でしたが
台風、デッカイのがいつも通り、
円の中心線を高知に向けて来てますがね。゚(゚´Д`゚)゚。

本来なら、二度目の和歌山県を2日掛けて温泉入り浸りで制覇…と考えておりましたんですが、チョイとヤバイなと。

朝5時過ぎに三重県の道の駅熊野花の窟で目覚めまして、途中お詣りをしつつ
20180928201036209.jpg

和歌山県に侵入を果たし、海岸の美しさを堪能しておったのですが
201809282011139ec.jpg

いつの間にか雲行きならぬ波行きが怪しくなってましてw
20180928201156319.jpg

南紀白浜に着いたものの、崎の湯は先っぽの浴場が危ないということで入浴不可。コレじゃあ価値なし。入浴時間3分で退場(笑)

特大台風を台風銀座・和歌山県の海岸沿いの道の駅で迎えたくないし、山間部はもっと嫌。さらに他の台風経験に乏しい自治体で過ごすのも危険。それが進行方向の右側だったりしたら…、やっぱ帰るに如かずですかね。

ということで、ここから200kmを走破して兵庫県の三木市、いつもの温泉へアノ金の湯を楽しみに、ヘロヘロになって辿りつきましたよw
201809282012504b2.jpg

そしたら
最後のオチがコレ?
2018092820134712a.jpg

ポンプが壊れて、井戸水使ってるって…
それじゃあ普通に銭湯ですがねwでも気持ち良く疲れを取らさせてもらいましたです(*^_^*)

しかし、コレで旅の最後を締めるのは悔しいから
明日は天気を見ながら、リベンジの機会を窺ってみようかと♪
四国山地が降雨量超過で通行止めにならないうちに抜けないとイケませんけど。

PS:などと欲深いことを企んでおりましたが、ココ兵庫県の瀬戸内側に位置する「道の駅みき」ですら、午前5時前には大粒の雨が降り注いでおりますんで、到着したら休業だったなんてのは、もう笑えませんから(笑)直帰することにしました。
早々に帰り着いて、お間抜け旅を思い返してみようかと思いますです(^∇^)

でわでわ、皆様も台風にはくれぐれも注意を払われますように。

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

おはようございます。

そんなことないですよ~

自然には、勝てません。
今年は、異常に多い台風
被害が、でないうちに帰路につけて良かったです。

前回の台風かな?
のんびりしてて、災害地域に残された、キャンカーの映像を観ましたよ!

まずは、安全第一^^

また、次回の旅を楽しみしています。^^

No title

machiz4さん ありがとうございます。

脱兎のごとく逃げ帰りましたぁ(笑)
高知も本降りまでまだ余裕があるようです。
影響は今夜からかもです。

やっぱ我が家は安心出来ます。

無事にお帰りなんですね

こんにちは。
何といっても旅は無事に帰ることが一番だと思います。台風は怖いですからねぇ。
今度はゆっくりと北陸へ来てくださいね。越前も加賀も、能登も越中も穴場がたくさんありますよ。穴場じゃなくて秘湯でしね。

No title

こんばんは。

無事に帰宅された様で、何よりです。
想定外の事がいくつかありましたが、これも自由気ままな車中泊の旅の面白さでもありますね。
我家も、行ったところがお休みだったり、既に閉鎖されてたりする事が有りますが、それはそれで勉強させて頂いたと良い方に考えることにしています。

台風ですので、帰宅されたの賢明な判断ですねさすがです。

No title

さかやんさん おはようございます。

高知は今朝になって、風がザワザワと台風の予兆が出て来ました。
こんなことならもうちょい粘って観光しても良かった・・・
なんてことは、無事に家にいるから言えることで(笑)

北陸路の旅は駆け足になってしまい、中途半端やったかもしれませんが
次回に北日本の旅に出るときは再度寄らせていただこうかと<(_ _)>

とはいえ、各所で美味しい湧き水も汲ませて頂いたし、
満足の旅でございましたです。ありがとうございます。

No title

はとポッポさん ありがとうございます。

昔から逃げ足には定評がありまして、無事間に合いましたが
寄る年波には勝てませず、2日間で700km程度の走行ごときで、
今朝までバタンキューでした (*´▽`*)

毎回、色々と出て来ましてwフィードバックに努めてるつもりですが
これもまた旅の楽しさのひとつですよね。
台風、お気を付けくださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村