FC2ブログ

記事一覧

輪島朝市と千枚田、夜は金沢市で大散財

旅行5日目、9/21(金)早朝くもり
車泊させていただいた道の駅能登食祭市場は波打際だったんですねえ。
IMGP2400.jpg
駅自体が船の発着所になってることは昨晩のちょい見で知ってはいましたが
改めて早朝探検してみれば、この七尾マリンパークと一体になった施設なんですね。
この公園はイベントできるミニコロシアムみたいなスペースもあり
休日は人出があるんじゃないですかね。
IMGP2393.jpg
それにしてもまあ、海水面と陸地の高低差の少ないことで・・・高潮は来ないんやろか?
ともあれ、この駅でも熟睡させていただきました。
今回の旅では、環境のいい道の駅での車泊ばかりで、ありがたいことです。

次の日は朝一番のJRで嫁さんが帰高せねばならないので、本日は猛スピードの旅程となる・・・
はずでしたけどw

まず、半島を北上しつつ横切って西海岸へと。
昔に…既視感がある田舎風景を見ながらノホホンとドライブ。
IMGP2404.jpg
もうすっかり見られなくなった、稲の天日干し?
最近では高価なコンバインが刈り取りと同時に脱穀して袋詰めまでするから、久しぶりに見る風景。
そして農家は機械代で貧乏になっちゃう…は置いておいて、この風景!嬉しいですねえ!

同じく田舎住まいなんだけど、僕的には大げさじゃなく半世紀振りに見る風景かもしんない。
黄金の国ジパングはこうでなくっちゃ\(^o^)/ 

と、いううちに輪島市に到着したけど、研究不足で…不安。
そしたら都合よく、ホンマの駅舎みたいな道の駅に出くわしたんで、観光案内所に飛び込み
11時半くらいまではやってるとか駐車場とか、簡単な知識を得て突入です。

輪島の朝市・・・散財しちまったぁ(>_<)

朝の連ドラまれの記念館?の方から市に入りましたが
まず外国人学校の修学旅行生の一団が注意説明を受けてて、解散の声とともに散弾銃のように散って行きw

そうこうしてるうちに、小・中学生の集団が・・・盛況ですねえ (^-^*)
IMGP2416.jpg

時刻はまだ9時半。まずは腹ごしらえ。
IMGP2415.jpg
ここら辺りの出費は朝食としては豪華だけど・・・まあ想定内。

でも、「市」ってねえ。いろいろ陳列してあって、購買欲をくすぐるんですよ(//∇//)
さすが海産物が多かったけど、僕らも海辺の国の住人ですからコレはグッと堪えて
晩酌用の肴を買うに留められたんですがぁ・・・

こんなもんとか
IMGP2426.jpg

さらに、こんなもんとか
IMGP2431.jpg

そのうえ・・・こんなんが
IMGP2427.jpg
ふだんはあんまり目にしないもんがあると、買いたくなりますわ(^▽^;)

もう「市」には近づかん!
心に強く、反省しましたヾ(_ _*)

ところで、この商店街内に地味〜にあったんですけどw
IMGP2420.jpg

永井豪記念館(‐_☆)
う〜ん。
あのエロガッパ(失礼)、こっちの出身やったがかよ!

もちろん、マジンガーZで有名な漫画家。
IMGP2421.jpg

でも、僕の年代では
IMGP2424.jpg
圧倒的にハレンチ学園で世を風靡したセンセイでござんす。
彼のせいで何人の少女たちが怒りと涙にくれたことか (*´▽`*)アハハ

土産コーナー以外は撮影不可なんで残念でしたが
このセンセーっていろんなジャンルのを描いていたんですねえ。
僕は漫画オタクですから、ほとんどのを見たことありますけど、忘れてました。


次も定番のスポットでござんす
海岸沿いに10数キロ?北上して白米の千枚田
さて、ビューポイントは何処に行ったらいいんだろうか?なんて心配しつつ向かったのですが
単純に道の駅が好ボジションになってるんですね♥
IMGP2448.jpg

到着はまだ正午にならないくらい。
これで晴れていたら数倍は綺麗なんでしょうねえ。
IMGP2477.jpg
刈り取られてるとこも一部あったけど、黄金波打つ豊穣の季に間に合ったようです♪

IMGP2473.jpg

近々にイベントでもあるのでしょうか?
ステージのようなものを組んだり、東京からはクルーが来て何やら撮影中。
IMGP2449.jpg

道の駅から海まで下りられるようになっていて、当然に僕も
IMGP2457.jpg
ここでも、綺麗な水が湧いてました。どうも湧水というものにハマってしまったようで
汗をかいてたから顔を洗わせてもらいました(〃^υ^〃)
IMGP2476.jpg



さてさて、ここから北の半島先端方面にも沢山の見所は有りそうでしたが
金沢市へ帰るのも結構遠いから、断念して引っ返します。

でも、温泉だけはしっかり入って来ましたよ。
輪島道沿いの山上にあったねぶた温泉

宿泊施設の日帰り湯で700円也(夕方からは800円)、日帰り湯からは残念なことに海は見えません。
でも、ここのお湯は無色透明・無臭だけど、アルカリ性でヌルヌルしてる。
僕には温度が少し高めだったのが難だけど、温泉に入った感があって、いい汗掻けました。


さあ、金沢市近辺の道の駅を目指して超特急せねば!
ところが、今日もまたまた巨大な釣り糸が…
IMG_20180921_135704.jpg

名水100選 古和秀水ですって!
時刻はまだ2時前。しっかり釣られちゃいましたよw

でもねえ、ここもしっかり山奥でして。
この分岐を細道に突入してゆく際は緊張しましたわ。
IMG_20180921_140150.jpg
こんなんもあったりして、一人だったらきっと心細かったはず
IMG_20180921_140453.jpg
かなり国道から入り込んだ気がしますが、到着です。
ちゃんと駐車場もあって、お堂が建ってますよ。
IMGP2504.jpg
龍神様?の足元からはこんこんと湧出してますわあ
IMGP2498.jpg
でもね。傍の立て看板に、この水は生では飲まないようにと書かれてます。
ガックリ。
IMGP2491.jpg

そして小さな字で、飲みたきゃあっちのにしろ、のようなことも書かれてる。
IMGP2502.jpg
このチョロチョロのですね♪
嫁さんが時間かけてボトル3本に汲んでくれました。蚊と戦いながら(^▽^;)

もう、すっかり湧き水名水コレクターになりましたようでw
旅の楽しみが増えて良かったということにしときましょうか(笑)

ちなみに、この古和秀水(こわしゅうど)は古来より仏前の献水や茶の湯の水に愛用され、長寿延命の水ともいわれて来たと高札に記されてましたよ。



やっと海沿いの道へ戻り一目散していたら
IMGP2510.jpg

偶然にも日本一長いベンチに行き当たっちゃった♪

ここから日本海の夕陽を眺めて欲しいとの願いが篭ってるらしいですよ。
IMGP2520.jpg

こんなんも設けてくれてますけど、私らにはいまさら・・・ねえ。
IMGP2519.jpg
これが何だってんでしょ?なんて失礼にもベンチを見てましたが
IMGP2521.jpg
この無数の電飾!きっと暗くなったら凄いことになるんでしょうねえ(●⌒∇⌒●)
おみそれしましたm(-_-)m 電気代のことはこの際考えまい(笑)

ここは夕陽以降に来て、楽しむところなのでしょうけど
私ゃあ、夜はやっぱりお街で一杯やりたい口ですから、予定変更!

IMGP2525.jpg

急遽でしたが、金沢駅前のビジネスホテルを押さえて夜の街へと繰り出したのでした。
支払いのことは思い出したくございませんですw
明日以降は節約に励もうと心に誓いました、この時は・・・(^▽^;)



うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

お早うございます。

稲の天日干し風景・・・
昔はどこの田んぼでも見られたけど、少なくなってきましたね・・・
以前、越後平野で五段積みの”稲架掛け”を見た時は驚きでした(@_@;)

山形の道の駅・たかはた近くにある田んぼでは、ちょっと変わった積み上げ式の干し方で、五重塔の風景と相まってなかなかのものですよ(^_^.)

通ですねぇ

こんにちは。
古和秀水ですか、知りませんでした。地元の私なんかがわからないところが出てくるのでひやひやしながら読んでいます。
それにしても急行軍だったんですね。さぞかしビールがうまかったのでは?

No title

おやじさん こんばんわです。

世の中から、子供の時に見た風景が消えていくのって寂しいですけど
所変わると残っていて見られるなんて、非常に嬉しいです。
それにしても、積み方もいろいろあるんですね。
見たいけど、秋でないどダメですわねえ(>_<)

ちなみに藁ぐろもどっかで見てみたいもんです。

No title

さかやんさん こんばんわです。

狙いすまして訪れていたら、
通と言っていただいても、エッヘンしてますけど(笑)
偶然に通りかかった、ちっちゃな誘導看板に引っ掛かってのことですから、単に好き者というだけでして。

ええ、ビール!うまかったです。
店は「笑笑」程度にしておくべきでしたけどw

No title

輪島の朝市、白米の千枚田…、懐かしい!
わたしが訪れた時は5月の田植え前でした。
黄金の棚田もまた風情がありますね。
まれの朝ドラ、ロケ地も思い出しました。

No title

wagtailさん ありがとうございます。

田植え前ということは、田に水が引かれてる頃ですか。
ある意味で最も田んぼらしいといいますか、
生命力が漲ってる時期で、風情がありますよね。
色目は黄色いのがいいかもですけど、水が煌めいてるのも
いいですね。

まれのロケ地、赤い橋の袂にあったと思いますけど
市に逸ってしまいまして(笑) 見ずじまいでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村