FC2ブログ

記事一覧

台風接近、徐々に波高く絶景。あ~あ弘法湯…

旅行12日目 9/28(金)道の駅熊野・花の窟 晴れ・風強い

接近している台風の影響ですかねえ。
めちゃくちゃ快晴ですけど風が強かったです。
IMGP3573.jpg
お月さんがまだ逃げ遅れてるw6時前には目が覚めてしまい、近くを散歩してみました。

この駅は素晴らしく海がきれい♪
こんな早朝から4〜5人くらいが投げ釣りしてましたよ。
IMGP3582改

昨夜は単独での車中泊かと覚悟していたけど。
IMGP3581.jpg

ところが、駐車場の高札を読んで見ましたら

エッ、車中泊禁止!
知らぬこととて・・・
( o_o ;)


IMGP3575.jpg

(3)の項目です。車中泊はダメでしたがな(>_<) 
隣は民家ですし…ねえ。そうだったかぁ。
昨夜、ここに到着したときは無人で真っ暗だったし、看板があることすら気づかなかったですわ。

もう、してしまったことは致し方ない。
せめてもは、常にも増して気兼ねして車泊しておいて良かったですわ。
仮眠ということでお許し願って、次から気をつけますね。
罪滅ぼしに神社へ参拝しお賽銭を入れてさせて頂きますのでm(_ _)m

ここは素朴な雰囲気で、世界遺産の
花の窟・花窟神社(はなのいわや)の茶屋という位置付けなんでしょうね。
IMGP3589.jpg
この門を出ますと、神社への参道です。

IMGP3595.jpg

いつもの勉強不足でお恥ずかしいのですが、花の窟・花窟神社って?
今更ですけど後で調べましたら、

神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)が火神・軻遇突智尊(カグツチノミコト)を産み、灼かれて亡くなった後に葬られた御陵だそうで、日本書紀にも記されている日本最古の神社とのこと。高さ約45メートルの巨岩である磐座(いわくら)が神体で、その麓にある「ほと穴」と呼ばれる高さ6メートル、幅2.5メートル、深さ50センチメートルほどの大きな窪みがある岩陰が伊弉冉尊の葬地であるとされているそうです。

すごい謂れ・伝説!すごい由緒です!
こういうことを予め知っておれば、この日の参拝も感激ひとしおだったのですがねえ(×_×;)
普通に参拝しまして、非常に勿体無いことをしました。

ご神体の磐座(いわくら)さま
IMGP3601.jpg
伝説を知らなくとも神々しくて厳粛な気持ちにさせられます。

伊弉冊尊(イザナミノミコト)さまを祀った墓地
IMGP3600.jpg
こちらも、思わず頭を垂れました。

海側の国道から見てもこの巨岩は特別な存在感を放ってます。
太古の昔の人々が信仰を寄せたのも自明ですね。
IMGP3607.jpg

列島に接近してる台風の進路が心配だし先を急ぐべく、7時10分には花の窟を出発。

途中、日本らしからぬ風景が(笑)
パーク七里御浜というそうです。
IMGP3618.jpg

道の駅紀宝町ウミガメ公園
IMGP3624.jpg

三重県から和歌山県の新宮市に入り
地図に名水のマークが記入されていたんでちょっくら寄ってみることに。

熊野速玉大社です。
IMGP3637.jpg

こちらも申し訳ないことに高札に書かれていた
「全国数千社にのぼる熊野神社総本宮、日本第一大霊験所」ということ以外に
全く造詣がございませんでm(_ _)m
IMGP3629.jpg
とはいえ、すごく立派なことは阿呆でもわかります。
IMG_20180928_082623.jpg

オガタマノキというご神木。
IMGP3635.jpg
この木を神殿に供えて、神の霊を招く習わしからきた名だそうです。

名水はどこだ!?
探してみましたが、どうも湧き水じゃなくって隣を流れる熊野川?のことのようで (*´▽`*)アハハ

新宮市からは、早く南紀白浜に近づきたくて海岸の風景を楽しみつつ
那智勝浦をすっ飛ばかして駆け抜けたのですが・・・

先日、あや様のブログはっぴー旅日記さんを拝見いたしましたところ
湯川温泉きよもんの湯という人気の温泉があったんですねえ。抜かりました。  
(勝手にリンクを貼りまして申し訳ございません)

後悔先に立たず、無念(>へ<;)

ですが、この時点ではそんなことは知りませんから能天気なもんですw
空が青いと海も青くて、ほんまに絶景の海岸ロード♪
IMGP3638.jpg

IMGP3650.jpg
だんだんと波が荒れて来てるような気がしますけど・・・ (^▽^;)
IMGP3657.jpg

串本町の道の駅くしもと橋杭岩に到着。
IMGP3658.jpg
さすがの奇景だけあって、観光客がいっぱい。
IMG_20180928_101513.jpg
なかなか見飽きない奇岩のオンパレードでした。
IMGP3669.jpg
潮の引いてるところに入ってる方もいましたが
当方は、春先の九州旅行時に干潟で転んで痛い目にあった記憶も生々しくてw

朝からなんも食べてないんで食事することに。
IMGP3673.jpg
サザエのつぼ焼きなんぞに手が出るはずもなく和歌山ラーメンを一丁。

食後のデザートを買いに売店に行きましたら
!!多部ちゃんやんか
IMGP3674.jpg
多部ちゃんも食べたかも、と思うと殊更に美味なソフトクリームでござんした (〃^υ^〃)

最後にちょっと引っ返して、DIYのお店の裏にまで入り込んで撮った橋杭岩の裏側。
ストーカーの一枚でござんす。
IMGP3690.jpg


で、橋杭岩の数百メートル手前のカーブに、すぐ見落としてしまう看板がございまして
弘法湯ですぜ♪
IMGP3676.jpg
それにしてもお大師さまは全国で温泉を掘りまくりですなあ。
謂れとか伝説があるらしいけど、どうでもいいんです。
小さくて田舎の公民館のごときチープな佇まいで、
注意していないと見落としてしまうこのシチュエーション!
僕の嗜好にピッタリですがな。即、突入!

3台ほど可能な無料駐車場横を下りてゆくんですね♪
IMGP3677.jpg

が、
IMG_20180928_110412.jpg
ここも休みかよ
このパターンには食傷してるのですがね ()´д`()

IMGP3684.jpg
確かに、看板を見直せば月水金は休みになってる…無念でござる。

白良浜方面へ、トボトボと。



うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

天気も良く、とても綺麗な海ですね。
花の窟・花窟神社始めて知りました。行ってみたいです。
勉強させて頂き有難う御座います。

紀伊半島はだいぶ前に熊野那智⼤社とその近くの那智の滝だけ行った事があります。途中で、ウミガメのいる道の駅?に寄ったのですが、よく覚えていません。
神秘的な紀伊半島にまた行きたくなりました。

またしても、温泉は休館日でしたか。残念でしたね。でもこれくらいではもう同情出来なくなってしまいました。(笑)

No title

こんばんわ~。
私も道の駅熊野・花の窟げ泊まりました。同じく看板に気が付きませんでしたね~。

No title

はとポッポさん ありがとうございます。

>>でもこれくらいではもう同情出来なくなってしまいました。(笑)
これだけ続きますとそろそろ、自分的には「蛙の面に何とやら」になってもいいのですけど、やっぱりガックリ来ました(笑)

通り過ぎただけの人間が言うのもおこがましいですが、
紀伊半島は観光の宝庫だと思われます。
特に世界遺産のところは、予備知識を持って訪れたらすごく面白そうです。

No title

ひでさん ありがとうございます。

正直に言いますと、あの看板は駐車場の最奥の隅に
小さいのが建っていて、文字も小さいし…普通は気付かないはずかと。
見つけてしまった自分が不運、なんて思ったりして(笑)

掟破りだったとはいえ、静かで熟睡させてもらえて感謝してますです。

No title

道の駅は、我々の税金から建設省?に流れた金で作られており、クルマで来て、「休息」するのは納税者として全く問題ありません。休息の程度が、お酒を飲んでしまった場合は「安全のため」翌朝まで「やむを得ず仮眠」したと解釈すればOKです。要は、何泊もする人対策の看板と思いますよ。気持ちよく「仮眠」し、その分、お店で金を落とす等すれば全然問題ないですよ。

おはようございます。

パーク七里御浜素敵ですね~^^

わあ~どれも興味津々^^

続きも楽しみにしています。m(__)m

マイヤーさん的には、やっぱり温泉が、一番かな?^^

No title

ラムボクさん ありがとうございます。

このように理論立てておっしゃっていただきますと
罪悪感が雲散しますです。

確かに公共の施設を我が家みたいに占拠したり
魚を捌いたりする輩への対策は必要でしょうから
オールOKとは書けませんよね。
でも、この駅は熟睡できるいい駅でした。

No title

machiz4さん ありがとうございます。

あと2日くらい時間をもらえていたら
和歌山を遊び倒して来れたのですが、残念でした。

山に入り込んで寂しい道を走るはめになるよりは、
晴天の海を眺めるのが、僕は好きですけど。
むやみやたらと温泉に突入して、カラスの行水をするのが
やっぱり一番楽しいみたいです(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村