FC2ブログ

記事一覧

紅色を満喫できました。もみじラインと面河渓。

片道4時間近く・・・遠かったぁ! ここに来るのは、たしか30年振りかと。

愛媛県久万高原町の山ん中、霊峰石槌山の麓であり
水質全国1位仁淀川の源流のひとつ面河(おもご)に嫁さんとドライブして来ました。
高知市から国道33号線を松山方面へとエッチラエッチラ走ります。

途中、高知県内の山々を眺めてみますに、まだ申し訳程度にしか色付いておりませぬ。
たま〜に一本だけ真っ赤っかなのがありましたけど、完全に周囲から浮いとりますがねw

ところが!面河渓方面への分岐点、美川町あたりに来てみますと
ホレ、この通り
紅葉IMGP3806
かなり色づいて来ています♪期待が持てますがね(‐_☆)

ここからの道はもみじラインと名付けられてる通り
山のは自生でしょうが、道路脇に等間隔で紅葉が植えられております。
これがちょうど真っ赤なのからまだ緑なのまで、とりどりに並んでおりまして
紅葉IMGP3807
非常に目を楽しませてもらえました。
紅葉IMGP3817

紅葉IMGP3875

こんな昭和の匂いもいただいてw
紅葉IMGP3816
チェーンソーで彫ったアートだそうですよ。
紅葉IMGP3813

さらに、これなんか昭和そのもの。
哀愁アートとでもいいましょうか。どうしようもなく、こいう風景に惹かれます。
寄る年波ですかね(^▽^;)
紅葉IMGP3822



そうこうしてるうちに、石鎚国定公園の入り口まで来ました。
紅葉IMGP3827
右に行くとスカイラインで石鎚山の登り口まで行けるのかな。
僕らはまっすぐ進みます。


面河渓
石が白いです。カルストなのですね。
IMGP3847.jpg

30年ぶりともなりますと、以前の記憶とやっぱり違いがあります。
けど、綺麗なのは変わりなく、平日なのにたくさんの人出ですよ。
IMGP3864.jpg

渓谷の紅葉はまだこれからって感じでしたけど、十分に鑑賞に耐えれるレベルで♬
IMGP3837.jpg
欲を言えば、まだ黄色が弱いのかも
IMGP3859.jpg
でも、僕らには十分すぎるくらい。
IMGP3835.jpg
今日は寒くもなく絶好の行楽日和で、
河原で弁当を広げるのもウキウキ気分w美味しくいただき帰って来ました。

ともかく、ここは水がきれいでして。
IMGP3850.jpg
きれいすぎて、以前いた釣り用のアメゴ?がいなくなってる(笑)
IMGP3857.jpg

河原の形状とか魚がいなくなってるとか、30年前と違ってる部分には一抹の寂しさを感じもしましたが、
相変わらずの清流で安心しました。

で、帰りはもちろん温泉に入るつもりでしたが、帰宅が遅くなりそうで断念。
その代わりおもごふるさとの駅に寄ってみました。
だって、今日は水曜日ですよ!
なのに、この盛況振りですもん。
IMGP3825.jpg
みなさんアメゴを焼いたのとか美味しそうに・・・くつろいでますがな。
IMGP3823.jpg

ぼくらは地場産品コーナーに…
あった!マタタビぜよ!
マタタビIMGP3872
ここのは、また旅に出られるようビンビンになるらしいですよ。
でも、高山市朝市のおじさんから買ったやつがたくさん残っているから勘弁。

買ったのはコレ♪
マタタビと同じく高山市で食したけど、何製だったか失念したヤツ
黒ごまソフトIMGP3873
ちょっと右に傾いてる。不吉かなw
黒ごまソフトクリームでござんした<(_ _)> 
ちょいと、方言を使うと「ムツこい」。
サッパリの対極というか、コクが強いといいますか。
熟年にはキツうござる(//∇//)

長距離ドライブで疲れたけど、鮮やかな紅葉を観られて、満足の1日。
行って良かったぁ。

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。

面河渓・・・、懐かしいです!
初めての四国路ではここに最初に行きました。
狭い道を上がっていって、西日本の最高峰がここにあるのだというのを知った次第です。

No title

こんばんは。

とっても綺麗な紅葉ですね。ソフトクリームも美味しそうです。

私も四国観光に行きたいのですが、四国は沢山見所があって、どこ行ったらいいのか全くわからず、旦那はUFOラインに行きたいとかいってますが、もっと勉強します。

おやじさん おはようございます。

この道は途中に首を絞められたくらい狭い所があって焦りますですね。

石鎚山には登ったことはありませんし従来は興味もなかったのですが
旅を始めて、四国を回っておりますと
神社はあるし霊峰と言われるだけあって偉大な山だったんだと思い知らされてます。

はとポッポさん おはようございます。

あまり期待せずに訪れてみたのですが、ちょうどの時期に行き当たれました。

四国観光での注意No.1は、
域外のドライバーさんから「酷道」と呼ばれますように…
(まあ、国道はどうってことないですけど)
山間部は狭隘な道路が多く、ちょいと冷や汗しますんで
予めの調べておいた方が安心できるかと。
海岸線はほぼ安心で綺麗ですし、是非にお越しくださいませ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
可愛がられる年寄りとなれるよう、人様や施設に気兼ね出来る旅人でありたいと思っております。が、たま〜に戦闘的な地が出てきて困ってますw

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村