FC2ブログ

記事一覧

十勝川温泉のモール泉は◎でした。

6月24日(月) 旅行50日目ラスト 十勝川温泉から千歳へ

北海道はどこも広大ですけど、不思議なもんで十勝平野が近づいてくると
余計に広々と思えて、併せて朝ドラのイメージが湧いて来ます。
19069327.jpg

19069329.jpg

ということで十勝川温泉に到着、11時45分腹ペコ。
19069344.jpg

北海道に来たのですからね。
ジンギスカンとノンアルビールで、でござんす。
19069331.jpg

十勝川温泉では、いくら検索しても公衆浴場を探し出すことが出来ず
ホテルでの日帰り入浴になり、ほぼどこも千円で13時からの営業になります。

で、お目当の富士ホテルの営業開始も13時なので、界隈を探検して時間つぶしをしたのですけど
道の駅も真っ青の施設がありましたよ。
19069336.jpg
ガーデンスパ十勝川温泉
90台可能な大駐車場と24時間可能トイレ、スパは水着でモール温泉、
レストラン4軒等々
19069341.jpg

19069339.jpg
先を急いでなかったら、駐車場の隅をお借りして車泊させて頂いてたと思います。

観光協会にも寄ってみました。
19069342.jpg
この塊がモール泉の元になる泥炭でしょうか。
狭い室内でしたがいろいろ置いてあった記憶があります。
19069349.jpg
チャリも貸し出してくれるみたいだし、横の公園には足湯が
19069354.jpg
何といいますか
19069347.jpg
ここの風景は…ストレスがないといいますか、肩の荷がおりるといいますか
19069348.jpg
言葉は悪いけど、能天気で居られる (@^▽^@)

時刻となりましたところでお目当のホテルへと
〜富士ホテル〜
19069359.jpg

こちらを選んだのは、料金が550円とリーズナブルなこと、もありますが
独自の源泉を持っており、かけ流しで加温加水なしの100%モール泉に入られるからです。

※モール泉とは
「モール」とは、亜炭などをさすドイツ語に由来してつくられた言葉だそう。石炭の形成途上であり炭化が進んでいない泥炭や亜炭層から源泉を汲み上げるため、植物起源の有機質を多く含み、肌に触れるとツルツルとした感触があるのが特徴なのだとか。皮下浸透度が高く、皮膚に刺激が少なくて天然の保湿成分が含まれているのだそうです。
昔は世界でもドイツと十勝川温泉の二箇所しかなかったけど
最近ではボーリング技術が進んで、十勝川以外にも数カ所あるようです。

浴室は、ホテルによくある豪華さを競ったものではなく極々普通の風呂場でしたが
浴槽からジャブジャブ溢れ出ている湯が100%のモール源泉かと思うと、非常にゴージャスな気分♡
IMG_20190624_214203.jpg

湯色は草木を干して煮出ししたらこんな色になるかなという黄褐色で無臭。
肌触りは少しスベスベしているかも。
そのせいなのか、特に浴槽縁の大理石なんかは簡単にツルッと滑るから要注意です。
IMG_20190624_131247.jpg

湯温は42.8度らしくて、本来なら僕には熱いのだけれど丁度の心地よさ。
いい湯でした。僕的にはここを選んで良かったです。


ここからは自動車道を使って、3時間ほどかけて千歳へ走ります。
睡魔に負けじと、北見で買ったハッカを気付け薬代わりに鼻から吸入し
セクシャルバイオレットNO.1をヤケクソで吠えつつ(笑)

無事に道の駅サーモンパーク千歳へ17時に到着できました。
大きな駅ですねえw(°0°)w
19069367.jpg

19069363.jpg
この駅に来た目的は名水を補給するためで、ここら一帯は支笏湖の湧水のおかげで
美味しい水に溢れているらしい(^_-)-☆

予習では、この道の駅でも美味しい水が無料で汲めるということでした。
道の駅千歳蛇口
 写真はさんみつけた♪パカラ探検隊からお借りしました。

ですが今回行ってみたらコレ。ちとイメージが違うような。
19069365.jpg
予習時の記事を良く見れば2007年のもので、その後改装されてますねえ。
さらに、2007年の看板によると「源水が美味しいから水道水が美味しい」ということですね。
塩素入りの美味しい水道水なら、自宅でコックをひねればナンボでも飲めますから却下。

大急ぎで名水ふれあい公園というところに行きまして
閉園の18時に滑り込みセーフしたものの、もう吹き出し口が閉められてる。
19069369.jpg
隣にあった蛇口は詳細が不明で、きっと水道水だろうと独断して断念。
翌日こそは何処かを探して名水をゲットです!

その晩の道の駅の風景ですけど
19069372.jpg
コンビニの前にズラリ停まっているのは来店者じゃござんせんで、ほぼ車中泊の車です。
トイレから離れ過ぎるのは嫌でしょうけど、これは商売の邪魔。
店の正面前くらいは来店者用に空けておかねば!という気兼ねは出来ないものでしょうかね。

この夜は嫌なもんを見ました。

うれしいブログがてんこ盛りです。
お時間が許せば是非!どうぞ!です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます。
50日。。まだ続く旅・・ワタシ(@@)

きたきた十勝川温泉♡です!!!
山国暮らしで・・・秘境中の秘境温泉、各種♨色々お世話にはなっているけれどモール泉は無い。ここは憧れ温泉です(…生きているうちにいける?)
本当にゴロゴロある!素敵な野湯はハードルが高いし。こんな時男性はいいですわね(笑)

そして最後の写真は、きちんと心ある車中泊をなさる方々も周りからは同じようにみられます。イケナイって言われているのに不思議です。
困ったこと・・・。

Re: No title

ろっきーさん コメありがとうございます。

やっと、北海道編もあと2〜3日にこぎつけました。
以前に増して話を簡潔にまとめられず、牛のヨダレ話しで失礼してます。

確かに野湯は女性にはハードルが高いですよね。
かくいう僕にしても、道路横の露天で真っ裸になる勇気は…きついっす(^^;)
モール泉は何と言いますか、あの色合いからして
どくだみ茶にでも入浴してる感じ?で心地よかったです。
温泉法で定められてる成分とは違う温泉だなんて言われると、得した気分で(笑)

道の駅でのマナーについては、ひょっとしたら
僕だって知らず知らずにマナー違反してるかもですから、他山の石とせねばです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マイヤー

Author:マイヤー
自分本位にならず・旅先の施設や他人様に気兼ねすることを忘れず、迷惑な旅人にだけはなるまいと銘じている無職者です。

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村